ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

はじめに

営業職って辛くないの?

営業やってます、というと必ず聞かれるこの質問。

どんな仕事でも自分がやってなければイメージできない物ですが、営業って言う職種は昨今特に【辛い】というイメージがあるようです。

出来るのは精神力がある人、ポジティブ、我慢強い人、コミュニケーション能力が高い人、といったような事を思い込まれているようです。

たしかに、向いているのはそんな人かも知れません。

 

でもここに全く正反対の『打たれ弱くネガティブ、人見知りでしかも我慢するくらいなら降参する』ような営業職がいます。

仕事はできないけれど営業職として会社員をしています。

ちなみに人見知りでコミュ障の程度は、喪女になってしまうくらいです。

そんな女が営業職。

初対面の人に職業を言うと聞き返されるくらいには似合っていないらしいです。

そんな奴でもなんとかなってる(と思いたい)なら、営業ってそんなに難しいものでもないんじゃないか、と思っていただければ万々歳。

 

 

◆簡単なスペック◆

文系出身 部活は美術部

情報系中小企業営業部 (中途)

勤続10年以下

アラサー喪 

貧乏すぎて常に空腹

 

2016.6.9 タイトル変更 旧:営業の底辺そのまた下 

 

↓参加してます


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

言語は日々進化する

髪の毛を染めるため、美容院に行った。

毎回書いているけど、美容院難民なので常に一見さん。その為、美容院でほぼ必須アイテムの雑誌が、色んな種類の物を渡される。

最近旅行系の物を用意される事が多いのは、あれでしょうか、お店側に年齢を気遣われているかと考えるのは邪推と自意識過剰なのかな。

 

今回も旅雑誌とグルメ雑誌を出され、真剣に読んでいると、頻繁に出てくる知らない単語があった。

 

インスタジェニック

 

インスタって言うのはインスタグラムの事だろうというのはなんとか分かるけど、この単語は知らないので、今調べてみた。

インスタジェニックとは、「Instagram」と「フォトジェニック(写真写りがよい)」を組み合わせた造語。Instagramで映える写真、Instagram向きの被写体、という意味の言葉である。「インスタジェニックな写真」と言えば「Instagram映えする写真」という意味。「インスタジェニックな景色」「インスタジェニックなカフェ」「インスタジェニックなファッション」などと被写体について言う場合には、その被写体を写真に撮ってInstagramに投稿すれば映える、という意味になる。

(はやり言葉事典より)

studyhacker.net

 

しらねー!!

形容詞?いや、「〜である」がつけられそうな感じだから形容動詞か!?

というかインスタって商品名がそんな品詞になるとか、インスタはどれだけこの国に浸透しているんだろう。

そもそもインスタ自体見た事がないので、この『インスタジェニック』はどんなものなのか想像もできませんが、旅行先の紹介ポイントで『インスタジェニックな場所』とあえて紹介されてるって事は、当然需要がある訳で、その『インスタジェニック』な写真を取る為にそこに旅行をする人もいるということなのか。

意味を知って正直なことをいうと、何とも言えない感覚がした。

 

だって綺麗な写真をとる為に旅行に行く、という事はまだ理解できるけど、インスタに上げるってことは『人に見せる』または『良いと評価を貰う』為にその場に行っているんだと考えられる。

それってもう仕事じゃないか?

別に旅行に行って思い出に写真を撮って、それをアップするのは普通の事だし、特別不思議とは感じない。

でも、ガイドブックを読んで写真映えをする場所を調べてそこに行って写真を撮るっていうのは、写真ありきで旅行をしているわけで...目的と行動が逆になっている気がする。本末転倒というか、なんと言えば良いのかわからないけども。

そもそも旅行の目的なんて個人の自由だから、否定をするつもりはないし、そう言う人がいても「凄いね」と言うと思う。同時に「なんか変だな」とも感じるとも思う。

 

違和感があるのがすでに年寄りの感覚なのかなぁ?

ジェネレーションギャップなんだろうなぁ。(年よりも喪女だから、という可能性も捨てがたい)

ひしひしと世間の流れに取り残されていっている事を知った一日だった。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

映画 『スーサイド・ショップ』

明日から少し長い休みになる。

だから今日は少し夜更かしをしようと映画を観た。

 

『スーサイド・ショップ』

フランスのアニメ映画。バンドデシネ

B.Dは昔『ベルヴィル・ランデブー』を観たくらいで普段全く観ないジャンルだ。

アメリカのアニメや日本のアニメとは絵の感じも構図も、そして内容も新鮮。

 

自殺用の道具を取り扱う家族の話なんだけど、お父さんが「ミシマ」なのが地味にツボ。明らかに三島由紀夫です。ありがとうございます。

他の家族の名前もマリリンとかなので、恐らく自殺関連の有名人からとっているんでしょう。

絵はおしゃれで色合いもアメリとかを彷彿させる可愛さです。

ただオチは別として、設定的にもストーリー的にも子ども向けではない。

 

70分間くらいのうちの冒頭30分は面白く、あとは少し惰性と思えてしまう部分もある。

ブラックユーモアが好きな人にはオススメできる一品。

 

<今度追記したい>

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村

帰り道がなくなった

随分と間が空きました。

理由はタイトル通り、帰る道がなくなったから。

 

営業を結構な期間やってますが、出張先から戻れなくなったのは初めての事で非常にテンパりました。

くそっ台風5号め。空気読めよ。

 

ただ思い返してみると東北の大震災も外出先でした。あの時は偶然知人の家が歩いて1時間だったという事と、晴れていたので何とかなったんです。運が良かったと思います。今回みたいに台風だと長距離は歩けないし、何よりも道が完全に塞がったので歩けない、にっちもさっちも状態は本当に初めての状況でした。

しかも生まれて初めて行った場所だったので、土地勘がないから何処へ行けば良いのかもネットで調べなきゃ、何にも行動が出来ない。電車の路線も、駅の規模も、バスの乗り場も知らないわけです。

 

最悪な事に、移動手段を調べるためにフル稼働していた所為で、私用も仕事用もどちらも携帯の充電がなくなってしまいました。このとき夜の7時過ぎ。途方に暮れました。

視界に入る周辺ホテルは何処へ行っても満室といわれ、野宿をするにも横なぶりの雨。

 

夏休みのせいか、旅行中の家族連れや若い子が多かったんですが、大学生くらいの若い子達は開き直って駅の中で疑似クラブみたいな事を始めていて、ライトをカラフルに灯し、音量ガンガンでババァは恐怖に震えました。

これが、ウェイウェイ系!?

この色とりどりの電気はどうやって発生させてんだ?等と遠巻きに眺めていた。

 

そんな事をしていたら人が途切れ始めたので、重い腰を上げてタクシー待ち行列に加わる。30分以上並んで、やっとの事でタクシーを捕まえたら、

「○○まではいけるけど、××はだめだー」

と運転手さん。いや、その地名が分からんのよ。

仕方がないので、泊まれそうな所を教えておくれと頼んだ所、1時間くらい走ってようやくビジネスホテルに辿り着きました。夜の11時頃。

一安心した所で、気がついたら寝ていた。

どんな状況でも眠れるのが唯一の特技です。

 

朝になっても道路は回復しなかったので、物すっごい回り道して新幹線に乗りました。お陰で日帰りのはずが、現地で1泊、移動で1泊。

新幹線はやっぱ凄いな、と再確認しつつ、『日本の交通網は最高レベル』ではなく『首都圏の交通網は結構良いけど、他はなかなか不便である』という認識に改めるはめになった。

  

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

新幹線に乗りましょう

新幹線の切符の買い方が未だに自信がない。なのに出張をするとき、大体が新幹線になる。飛行機でも行ける距離だけど、新幹線の方が安い距離なので仕方がないと言えば仕方がない。ああ、悲しき中小企業。経費削減なんて悪魔の言葉だ。

 

昔は新幹線の匂いがダメで、乗ると速攻酔ったけども、最近の新幹線は綺麗なおかげで全く酔わなくなった。残る悩みは、席とり合戦くらい。

経費の少ない我が社では社員全員自由席しか使えないので、なるべく始発駅から乗るようにしている。平時は場所をえり好みしなければ座れる。

 

けど、現在、夏休み。羨ましさに唇を噛み締めたくなるけど夏休みまっただ中。

新幹線どころか、メトロも会社の近辺も人が多い!

座れなかった暁には、二時間立ちっぱなしという地獄。仕事に行く前に既に疲れる。

 

なので、とうとう、身銭を切って、そう自腹で指定席券を買った。

やってやったさ。

 

変更って、往復とか乗車券全部含めて1回しか出来ないのかと思ったけど、各乗車券ごとに対応してくれるんだね。知らなかった。

アリガトウJR東日本。これからは君に付いて行くよ。PASMOに浮気はもうしない。

 

備忘録もかねて今日知った事をまとめておこう

 

新幹線・特急列車の変更および払い戻しについて 〜JR東日本の場合〜

変更の場合

往復で乗車券と特急券を買った場合、手に入る乗車券は以下の物になる。

  1. 往路分乗車券
  2. 往路分特急券
  3. 復路分乗車券
  4. 復路分特急券

上で書いた『全部含めて』というのは、この1~4全部の中で1回しか交換出来ないと思ってたということ。

つまり、1と2を変更しちゃった場合には、帰りに3・4を変更する必要が出ても、対応してくれないと思い込んでいた。勝手な思い込みだけど、長らくそう思い込んでいたので、変更をする時は全部をいっぺんにしていた。帰りの時間が読めなくとも、勘でおおよその時間をはっておく感じ。ギャンブル。

 

しかし、窓口の人によれば各乗車券ごとに変更は1回なら可能とのことだ。

つまり、乗車券は変えないでおいて、事前に2.往路分特急券だけ変更して、乗車前に1.往路分乗車券を変更して、帰りに3と4を変更して平穏に帰宅する事も可能なのだ!!

便利...便利すぎる。

知らなかった自分が馬鹿。

 

変更の際には、特に領収書は必要ない。

もしカードで購入している場合には、購入したカードを持っていく事を忘れずに。

 

払い戻しの場合

条件を先ほどの物と同じにして考える。

  1. 往路分乗車券
  2. 往路分特急券
  3. 復路分乗車券
  4. 復路分特急券

変更は1回は無償で対応してもらえるけれど、払い戻しには初回から手数料が必要だ。

ここでも思い込みが発動していて、全部で210円と考えていたんだけど、例に漏れずこれも間違っていた。

実際は

  1. 往路分乗車券:120円
  2. 往路分自由席特急券:220円
  3. 復路分乗車券:120円
  4. 復路分自由席特急券:220円

とそれぞれに手数料がかかるらしい。(ちなみに1と3の金額は距離によって、2と4指定席やグリーン席と変更日によって変わるので注意)

 

細かい事を考えられない脳みそに取っては中々複雑だ。

変更はなんとなくりかいできたけど、払い戻しは手数料が難しいからまた次回変更した時にも聞いてみよう。

 

今月は新幹線移動が多いから、極力体力と精神力を減らさないように、自衛をかねて指定席を使おう。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

7月収支まとめ

書く事がないほど、仕事でバタバタしており気がつけば8月。
仕事しかした記憶がない寂しい夏となりそうです。

さて、気を取り直して7月の財布状況を確認し、余裕があればパンプキンシザーズ大人買いしたい。今月は久々に新刊が出る予定だし。

〜7月、江戸盆で迎え火したら蚊に刺された〜

A銀行:208,658円

B銀行:60,544円

C銀行:1,162,495円

定期預金×2:403,883円

財布残金:16,019円

先月比較:47,405円の黒字

 

はい、黒字です。

寸志貰ったので、税金やらなんやらを前倒しで払いました。そんで、残りこんだけって...世の中のボーナスを体験してみたい物だ。

ニュースとかで報道されている『今年のボーナスの平均』という言葉が聞こえた瞬間に番号を変えます。羨ましさのあまり身悶えするからだよ☆

全力で床舐めるから半分くれ。それかブリッヂしながら階段降りるから4分のⅠくれ。

平均金額もらえるんならそのへんのクイックルワイパーなんか敵じゃないくらいべろんべろん靴底だってしゃぶる。

ちまちまと、せっせこ貯めてもこんなもんか。

 

行きは馬に乗って早く来て、帰りは牛でゆっくりと〜とか先祖を歓迎しつつも頭の中はカネの事ばかりです。こんな子孫でごめんね先祖。そもそも今年どころかここ数年お盆に実家にいられた事がないので送り迎えともにしてないわ。

そして毎年思っていたのが、迎え火と送り火の日に限って風が強めに吹いているので、煉獄のように火が燃えていて、古い実家が燃えそうになるのは何でなんだ。

先祖様戻ってくるのにフィーバーしすぎてんのかな。Come on join usされてる?

10年くらい前に送り火したときは、あまりに火の勢いが凄すぎて通りすがりの自転車人に「なんだあれ」と気味悪がられたゴミファミリー。

そんな我が家も今年から人数が増え、ますます居場所がございません。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

爪が割れた

足の親指の爪が割れた。

満員電車で踏まれたからだ。

地味に痛い。

 

気がつけばブログも1週間空いていた。

こんなに間が空くのは久々である。

 

体調を崩したり、歯が折れたりいろいろあってなかなかにへこたれている。

何もやりたくないし、財布の中身が寂しいのに、虫歯の治療が○万単位とか...。保険で奥歯も白い歯を入れさせて下さい。

お願いします。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする