読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

はじめに

はじめに

営業職ってどんななの? 辛くないの?

営業やってます、というと必ず聞かれるこの質問。どんな仕事でも自分がやってなければイメージできない物ですが、営業って言う職種は昨今特に【辛い】というイメージがあるようです。出来るのは精神力がある人、ポジティブ、我慢強い人、コミュニケーション能力が高い人、といったような事を思い込まれているようです。

たしかに、向いているのはそんな人かも知れません。

 

でもここに、全く正反対の『打たれ弱くネガティブ、人見知りでしかもコミュ障、根気など母体に置いてきた』ような営業職がいます。まだ語れる程やってないし、仕事はできないけれど営業職として会社員をしています。

ちなみに人見知りでコミュ障。どのくらいかというと、喪女になってしまうくらいのコミュニケーション障害です。

そんな女が営業職。基本、初対面の人に職業を言うと聞き返されるくらいには似合っていないらしいです。

そんな奴でもなんとかなってる(と思いたい)なら、営業ってそんなに難しいものでもないんじゃないか、と思っていただければ万々歳。

 

 

◆簡単なスペック◆

文系出身 部活は美術部

情報系中小企業営業部 (中途)

勤続10年以下

アラサー喪 

 

2016.6.9 タイトル変更 旧:営業の底辺そのまた下 

 

↓参加してます


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

アンケートサイト

日記 節約

こんばんは。

何故かアンケートサイトに登録する事になったので、折角なのでポイントを頂こうとせっせと回答してみました。・・・が、こういったサイト、昔アルバイトでもやっていたのですが、数年経っても読み込みが遅いのが進化していない。むしろ悪化している。

もっとこう、ユーザーが使い易いようにだね・・・と仕事のときのような気分になってしまい、自宅なのに職場のような精神状態になってしまいました。

なんなんでしょう?仕様なの??我が家の脆弱なネットワークの所為なのは部分的には認めますが、それでなくとも重いっ、重すぎます。

広告動画が上下にあるとか鬼畜過ぎではありませんか。

 

ブログとか観ていると皆さん結構いろいろなアンケートサイトをやっていらっしゃるようですが、この重さ含めてのポイントなのでしょうか。

なんにせよ、お金をもらうというのは大変な事だと言う戒めなのかも知れません。

 

さて、髪の毛をずいぶん長い間切っていないせいか、会う人会う人に「貞子!」とか「・・・願掛け?」と聞かれ閉口しております。

あ、でも初回の美容師さん達には「短くするときは是非指名して下さい!」と目を爛々とさせながら言われる・・・のは生きている人間の髪でここまでの長さを切るってめったにない事だろうからやりたいんでしょう。ばばぁ、分かってるのよ。実験台にしたいって。

さりとて、友人知人も綺麗に伸びているのならそんな事言われないのは承知しているので、よほど見苦しい似合わないのでしょう。思い返してみれば、短いのはもう10年弱ないなぁ、と特にポリシーでもない髪の毛をじっと見ながら、何故こんなに伸びているのか思い返せば、私はブローが出来ないのです。左側はまだ良いのですが、右側が外はねしか出来ない。

なので毎朝寝癖を直す手間を考えたら、伸ばしっぱなしの毛を一つ結びにする方が楽というそれだけの理由です。付け足すのなら、長い方が美容院に行く頻度が少なくてもなんとかなる、っていうことも重要。

 さりとて春にもなりますし、一度10センチくらいは切ってみようかと思います。呪術とか使いそうと言われたのが心に突き刺さったのが一番のきっかけです。

アンケートサイトに美容院紹介とかないものかしら。

 


喪女日記ランキング 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

ああ、愛すべきB級映画

テレビ

こんばんは。沼地から這い上がってきました。

連休でしたね。私は出勤日だったので関係ないですけど。

プレミアムフライデーどころか、国民の休日自体がない弊社では祝日出勤がございます。というか、通常の勤務日扱いなので何も変わりません。

でも日曜日まで、連休感を楽しみたい!とビール片手に映画をみました。

 

借りに行く事もせず、CSで見る所が無精者の証拠でしょうか。

でも、メリットもございます。『自分では決して借りないような映画を観られる』という新規開拓にはもってこいです。

 

そんな訳で何となくやっていた映画を観る事にしました。

が、これは酷いw 思わず草生やしてしまうくらいグダグダです。

ノルウェーニンジャ』

ニンジャ:インポッシブル[DVD]

※画像がなかったです...

 

タイトルにある通り、ノルウェーの映画だそうです。何を思ってこの映画を撮ったのか、脚本家を問いつめたい。何を伝えたいのか、私には分からない。ーーが爆笑ではなく思わずニヤニヤしてしまうような映画です。

もし興味が出た人はコメディ・・・?として楽しんで下さい。

そして本国での興行収入がいかほどだったのか、知ってる人がいたら教えて下さい。

 

<あらすじ>

東西冷戦下のノルウェーソ連陣営ではKGBが何やら不穏な動きをしており、国土が近いノルウェーではその脅威に日々晒されている。

そんな中、国王直属の諜報機関だかなんだかとして存在する、なんだかよくわからない集団『ニンジャ』部隊。

マスターを中心にとある島で日夜修行に明け暮れ、『悟り』を体得したり手裏剣投げたりして国家を守る為に過ごしている。

 

<感想>

とにかくひどい!

セットも設定も、こんなんでいいんですか!と観ていて叫びたくなるような出来具合。

多分、制作側も途中で投げやりになったんだと思うレベル。ただそれが妙に肩の力が抜けていると言うか、脱力系な面白さを出している。

ニンジャが現れる何かが故障したかのような煙とか、しょぼい爆発にはニヤニヤしてしまいます。あと、別文化圏の人があまり調べずに作ったであろうニンジャ感が面白いです。島を守っている「風水」の力とか、「悟り」の表現とかが東洋の人間には出てこない発想かと思います。

また、言語がノルウェー語なので演技の詳細とか、といいますかそもそも私は演技の云々は分かりませんが、役者さんのやっつけ感が満載です。

 

セットはしょぼいが舞台はすばらしい

北欧の素晴らしい自然が最高です 笑

戦闘シーンなのかよくわからない崖のシーン、夜空がファンタジー映画のように揺らめく光景、のんびりとした島。バカバカしい事をやっているのに、背景が美しいギャップがまた、鈍い笑いを誘います。

ミスマッチな風景と、突拍子もない内容に、ふと映画の主軸を忘れそうになります。

 

全体として

話に付いて行けませんでした。

もし、この映画が大好きだ!ババァけなしてんじゃねーよ!という方がいらっしゃったら申し訳ないですが「もう一回観よう」と言われたら・・・丁重にお断りします。出オチ感半端ない作品です。

 

 

インパクトは最高にあります。

偏見かもしれませんが、北欧は音楽といい、文学といい、記憶に残る系が多い気がします。そんなに数を観た訳でもないので、あくまでイメージですが。

 

つまらん!という映画だけではなんなので、同じ北欧系の別の映画でも。

こちらはブラックコメディ系です。国はデンマーク?だったかな。

フレッシュ・デリ [DVD]

※ああ、こちらも画像がない・・・

もっと良い映画もありますが、色々衝撃的だったという事で、関連としてこれを挙げます。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村


喪女日記ランキング

食べられなくても食欲はある

ひとりごと

気がつけば一週間も間が空いてました。

出張に行ったり、出張だったりとバタバタしていて自宅のPCを開く余裕がなかったのです。寒い地方はもう飽きた!

当然食ったり食わなかったり、食べてもお惣菜やらインスタントという生活をしていたら、胃が痛くて常に胃液の味が口の中に広がる状態(^∀^)

折角の米所へ行ってもお酒が楽しめないこの拷問がわかりますか!酒飲みに、酒を飲むなと言うのはまさに地獄。

胃の検査をして、さー良くなった✨と言う訳にもいかないもんですね。

 

ただ、食い意地が張っているのは変わらないので、食べられないなら視覚的に楽しもうという発想の転換力を見せつけます。

マンガで食を堪能しています。

というか、このブログでマンガを紹介する時に、一度「料理を食べたいマンガ編」をやりたいと思っているのですが、なかなか候補が絞れなくてですね、グルメマンガも最近多い事も相まって迷っています。

候補が絞れないといいますか、ジャンルを細分化させたいといいますか。

エッセイ系は省くとしても、料理ものにするか、調理師板前系にするか。

迷うわぁ。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村

不具合って一括りにしないで

職場

何度も「不具合だー」「エラーだー」と書いてるけど実際お前の会社じゃそんなに不具合が多いのか?という感想が聞こえてきそうなブログを書いております。

正直に言います。

大きい物から小さい物まで全ーっ部含めますと1日に1件くらいはございます。色んなお客さんもいますしね、ハードユーザーだったりすりゃそれはもうしょっちゅうバンバンですよ。

言い訳させてもらえば、システム業界にはエラーはある意味つきもので、納品後に使ってみて初めて分かるエラーから人為的なミスまで全部不具合って言われてしまうので、不具合報告が多いのです。

納品する業界も千差万別なので、初めての業界なんてどんな様子な業務形態かもわかりませんし、机上での論理や担当者からの話だけじゃ判断不可能ですし、そもそも使用する側も勝手がまだ分かっていない状態とかなら、不具合起きない方がおかしいです。むしろ連絡が全くないお客さんへは「使ってないんだろうなぁ」と遠い地の担当者を思い出しながらお空を眺める。

これぞ開き直り

 

で、タイトルの『不具合と一括りにするな』ですが、これはうちに連絡してくるお客さんに言いたい事なのです。

単刀直入に遠慮0で言うと「全部うちの問題にしてんじゃねーよ」です。

 

人間の心理なのか、使用している時に画面が停止したり強制終了されると、その目の前で途切れた物、この場合ソフトが悪いと思うようです。ですが、ソフトが突然停止するにしても、ソフトが完全に悪いとは言い切れないのです。

責任転嫁上等で言うならば、使っているハード(端末)や操作方法、OSなのかブラウザなのか、むしろネットワークなのかインストールしたソフトなのか状況によって判断をしなくちゃいけないわけです。

・・・状況によっては、ソフトが悪い事の方が多いので実生活でこれは言いにくいというのが悲しい所ではありますが、止まっても間違いなく全てお前の製品が悪いんだ!とはじめから言い切られるとこちらも血気盛んな性分ですので真っ向勝負に出たくなる訳でございます。嘘です。できません。

 

煙でも噴いてくれれば分かり易いんですけどねぇ・・・。あとは食品のように、1社の工場で全部作っている製品の中に異物が入ってた、くらいの話なら話は早いと思いますが、上に書いているように『原因が何か分からない』場合、まずは犯人探しもとい原因究明の為の切り分け作業が始まります。

そうなると、真っ先に疑われるのが信用度の低い会社、つまり弊社のような中小企業の製品です。大手さんは検証きちんとしているから、というイメージ。実際検証しているのでしょうけど、はじめから弊社のみに連絡をされてる現実に対してはそっと目を背けたい。

プライド等は当初よりございませんが、身の潔白を証明する為に必死こいて原因探しを始めます。

 

結果として、自社の所為ではなかった時には鬼の首を取ったように報告ーーではなく、ただただ静かに安堵するだけ、というのは染み付いた奴隷根性のせいなのでしょう。

冷静に報告を提出し、自社製品の問題ではない旨を伝えた上で帰路につきます。

この場合、作業が発生しないという良い事もございますが、行き場のない疲労感に苛まれ翌日の業務に支障を来すので、出来る事なら味わいたくありません。

こう言った理由から、不具合という一括りの連絡に怯えているので、一括りにされると怯える回数が無駄に増えることから一括りにしないで頂きたいというわけです。

 


営業ランキング

喪女日記ランキング

 にほんブログ村 OL日記ブログへ

にほんブログ村

妙に歯が痛い

左の奥歯が痛いのです。

虫歯になり易く、歯石が出来にくいタイプなんでけっこう歯磨きには気を使っているのですが、忙しくなってきたりするとどうも磨き残しがあるようで、歯医者さんの定期検診で注意されます。・・・30歳過ぎても歯磨きのやり方がへたくそと言う指摘はなかなかに恥ずかしいものです。

 

あと、最近妙に間接がズレると言うか、膝や手首の骨が浮くような感覚がします。手首が顕著で、仕事中とかに重い物を持って歩いているとボコっと鳴って痛くなるわけです。コンドロイチンの摂取を検討したいと思います。グルコサミンでしょうか?わかりません。

 

胃が痛かったり、骨がおかしくなったりと、今年に入ってからいろいろ不調が続く訳で『厄年だっけ?』などと暢気に考えてたりもしましたが、なんて事はない。

ふと気がつけばこの体を使い続けて30ウン年。

機械だって10年動けばメンテナンスをいい加減しましょうとなりますし、楽器なら半年に一度は点検にだしますものね。元来おおもとは健康に恵まれあまり大きな検査等した事はなかったですが、そろそろ本格的に一度人間ドックをする必要がありそうです。

 

とはいうものの、面倒くさいというのが本音です。

機械とか楽器とかと違って、最悪買い替えられる物ではないから、きちんと調べなくてはならないのでしょうが、だましだましやってこれたという下らない経験則が邪魔をして申込ができません。

ちゃんとした会社なら30歳以上なら健康診断でもそこそこキチンと調べられるのでしょう?こういった時大手が羨ましい。

検査で休みをとるのも、病院で大枚をはたくのも一向に気が進まない。

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

胃の中撮影会

日記

さてさて、人生初胃カメラをしてきました。

勿論会社は休みましたとも。なんであえて休んでまで行くのか?と聞かれそうですが、自宅近隣の病院で予約が出来る一番早い日が平日だったのです。あと平日の方が待たなくて良いと言われ、並ぶのが大嫌いな私は2ヶ月以上前から「この日は休むんで!!」と騒ぎまくって有休申請をしました。

病院系だと、有休をとってもいくらか周りの視線も和らいでくれるのでなんとかなりました。

で、事前に胃カメラ経験のある同僚や友人に聞いたところ、皆脅す脅す 笑

機械を体に入れることにワクワクしつつも怯えながら、朝8時に病院へ行きました。

 

胃カメラをする場合

1. 血圧をはかる

病院に着いたら、まず始めに血圧を測るように指示された。

朝のラッシュ時だった事もあり、この寒い中汗をかくくらいだった上、階段を走って上って息が上がっている私を見ても、休めと言われない不思議。

計測してみたら上が120近い数値・・・。高い。

計測した紙を受付に渡し、名前が呼ばれるのを黙って待つ。

2.身支度

靴を脱ぎ、アクセサリーや時計等を取るように言われる。

髪が長い場合は髪もくくるように指示される。なので女性は髪ゴムを持って行った方が良いです。

私はクリップしか持っていなかったので、借りました。看護婦さんありがとう✨

胃カメラだけなので、洋服等は特に脱がなかった。ガードル等締め付ける系の物を付けている場合は脱ぐそうだ。

3.甘い薬をもらう

椅子に座り、50mlくらいのシロップを渡される。なんでも胃の中の空気を消すそうだ。

味は甘い。子どもの頃に出された風邪薬を薄くしたような物。臭いはない。

4.謎の点滴

そのまま、椅子に座った体勢で、鎮静剤の点滴をつけられる。

中々血管が出なくて看護婦さんに間接の血管を使っても良いか?と確認される。

・・・普通は側面でも血管出てくるらしい。痩せなくては、と強く思った。

ものの5分も経たないうちに、準備ができたので施術室へ呼ばれ、看護婦さんが点滴を押して更に脇を支えてくれる。

が、私はアホなので「別に支えてもらわなくても平気じゃないか」と思っていた。

5.いよいよ、胃カメラ投入!

ベッドに横たわり、横向きで足を軽く曲げるような格好をするように言われる。いわゆる胎児型。

薄暗い室の中で、目の前に結構大きな機械が小さく機械音みたいなのを出している。

丸い形のマウスピースを咥えさせられ目を閉じて待っていて下さい、との声に従い、目を閉じて先生が来るのを待った・・・

・・・

・・・

・・・

気がついたら別室に運ばれており、看護婦さんに肩を叩かれた。

施術室の奥が待機室のようになっていて、横になっていたベッドごと運ばれた様子。

全くカメラ入ったの分からなかったのが、嬉しいやら悲しいやら。というか、完全に寝てました。体内に機械が入る感覚とか、皆から聞いていたおえっとなる感触も味わう事もなく、私の胃カメラは終わった。

6.終了後

看護婦さんに支えられながら、ベッドから起きると、思わずふらついて壁に手をついた。初めに支えてもらわなくても大丈夫という考えはあっけなく砕け散った。

支えられながら待合室に行き、コップ一杯の水を渡され、結果を待った。

 

 

 

ーーで、結果としましては軽い胃潰瘍でした\(^o^)/

おーげさで恥ずかしくなりました。我慢強くなりたい。

ちなみに金額は薬1ヶ月分含めて6,000円くらいで、時間は予約したからか全部で1時間くらいでした。

しかし、これで心置きなくお酒が飲めると言うものです。

独り身は、倒れたら速攻で孤独死ですからね。倒れないように自衛をしたんだと言い訳しながら家に帰り、やっとありついた朝食を食べ、寝た。

こんなに寝たのに、夜も普通に眠れそうなのが地味に恐ろしいです。

 

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする