ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

はじめに

営業職って辛くないの?

営業やってます、というと必ず聞かれるこの質問。

どんな仕事でも自分がやってなければイメージできない物ですが、営業って言う職種は昨今特に【辛い】というイメージがあるようです。

出来るのは精神力がある人、ポジティブ、我慢強い人、コミュニケーション能力が高い人、といったような事を思い込まれているようです。

たしかに、向いているのはそんな人かも知れません。

 

でもここに全く正反対の『打たれ弱くネガティブ、人見知りでしかも我慢するくらいなら降参する』ような営業職がいます。

仕事はできないけれど営業職として会社員をしています。

ちなみに人見知りでコミュ障の程度は、喪女になってしまうくらいです。

そんな女が営業職。

初対面の人に職業を言うと聞き返されるくらいには似合っていないらしいです。

そんな奴でもなんとかなってる(と思いたい)なら、営業ってそんなに難しいものでもないんじゃないか、と思っていただければ万々歳。

 

 

◆簡単なスペック◆

文系出身 部活は美術部

情報系中小企業営業部 (中途)

勤続10年以下

アラサー喪 

貧乏すぎて常に空腹

 

2016.6.9 タイトル変更 旧:営業の底辺そのまた下 

 

↓参加してます


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライアーゲーム開始

社内、というか部内ライアーゲーム勃発中。

具体的に書くと「誰から辞めるのか」を疑心暗鬼している状態だ。人が居着かない残らないと何度か書いているけども、1人入ると1人出て行く、しかし業務量は増えた数で回ってくるため残された人が圧迫されている。

手があいている人はいないため、新しく入った人の教育が出来ず、なかなか作業が回せない=そして心を病むという悪循環、闇スパイラルが出来上がっており、人が辞める前に自分が辞めなきゃ次壊れるのは自分ではないか?となっている。

辞めようとしているのがバレると辞められないように、転職活動出来ないように、仕事を与えられてしまうので、決まるまで黙秘している。

 

『最近、半日休多くない〜?』

『えー、耳鼻科って平日しかやってないんですよ〜』

『趣味の方で発表会があって〜』

とかの探り合いをしていたり、少しでも業務を回されないように終わっても終わってないフリをする。面倒そうな仕事を振られないように予防線を張り続ける。

ライアーゲームというよりも人狼ゲームかもしれない。次の逃亡者を探し通報する謎環境と成り果てている。

ディストピア〜〜♪

ちなみにウチの部以外でも、辞める人が多発しており、一緒にプロジェクトやっていた人が翌月辞めるなんて日常だ。

書いてて改めて思うけど、とんでもない会社だな。

 

辞めるなんてこのご時世珍しくないし、自分も転職しまくっているからこれまで何か思う事はなかった。ただ今の部署の場合、辞めるって決めた人の最後の仕事ぶりはもはや会社に爪痕を残そうとしている気がしてならない。

大概爆弾を仕掛けて辞めていっている。

そんなに憎しみがある状態で働いてたのか、と憐憫も湧くが、回り回って自分の手元に来てしまうと爆弾の導線切り作業で手が震えちゃう。だから引き継ぎ案件を貰うのが凄く怖い。どこに何の起爆剤があるかわかんないんだもーん。

辞めるまで助けてあげられなかった、気がついても能力的に何も出来なかったのは悪いとは思うけどこんな形で報復を受けるとは思いも寄らなんだ。許せ、許してくれぇ〜っていう地縛霊とかに謝る悪人ってこんな気持ちかなぁとか失礼な事を考えて、現実逃避をしてる。

・・・こんな失礼な事思うから、こんな環境になってるのかもな。

 

とは言いつつも、お客さんにはなんの罪もない訳で。営業と言う対外部門のお仕事なんて客ありきの仕事しかないから、こっちに迷惑を残すってことはつまりはお客さん社内に迷惑がかかるので、担当変更っていう迷惑をかける以上、やっぱり爆弾は残さないのが常識的な考えだと思う。

爆弾処理班をやりたくない為に、残った社員はやっぱり心理戦になる訳だ。

「その案件Aさん、同行した事あったよね!」

「ゴミさん電話対応してたよね」

少しでも接点があるとTHE ENDだ。

辞める人に上長が「引き継ぎは終わったか」って確認する口調がドンドン厳しくなっていっているのが悲しい。そして「終わりました〜」って言って爽やかに辞めていった後3ヶ月立ってその存在を知る私たちも震える。

 

 

「辞めた後絶対悪口言われるんですよー」

と前の前に辞めた若手がぼやいていたが、言われる理由残していってるヤツが言う台詞ではない

あたかも100%被害者面して良いのは配偶者の理由での退職や家族・体調的な問題で辞める人だけだ。君のやっていた案件は、辞めた後ほぼ全てのお客さんから予想外のクレームが来たぞ。せめて後任者を伝えるとか、自分が辞めた後の連絡先くらい伝えておけ。

辞めるときは悪口言われる、呪いの言葉を吐かれるのを受け入れて辞めましょう。

なので私は悪人となることは受け入れております。

心の準備だけは既に万端だ!ばばぁ、慣れてっから怖くない。

心を強く持って業務内ライアーゲームからの脱出を計画している。

 

 


営業ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

対人関係、負の感情

婚活してるんです。

ええ、だらだらと先の見えない感じにしているんです。

 

やっと気がついた事です。

「現実にときめきとかないんだな」

この境地にくるのに20年くらいかかったのは、私がオタクだからなのかロマンチストだからなのか、はたまた少女漫画の所為なのか分かりません。

 

好きで好きでどうしようもない!

そんな感情は普通に、平々凡々生きているのでは遭遇しないものだと、ようやくあきらめがついたので、少し先に進んでいます。

 

デートだ〜♥️何着ていこう!(ドキドキ

とか

手をつないだりキスするだけで幸せ♥️(赤面

なんてものは、感情がちゃんと生育できた精神を成長させた人、ある種上等な感情理解が可能な人種だけの幸せなドラッグなんだと学習した私は何の感情もないまま、負の感想が沸き起こらないのを喜べば良いのです。

 

普段、悪い方向に波立たせない人となら一緒にいられるんじゃないか?

と思い立ち、本日お出かけしてきます。

既に面倒で仕方がない。準備するのも億劫で化粧する気にもならん。

相手にわるいなぁ〜って思うけども、私だって交通費使って出て来ているし奢らせる訳ではないのでイーブンイーブンだろう?

ばばぁなのは承知しているんだからこの際棚に上げさせてもらう。

 

お出かけをうきうき出来る性格になりたいなぁ。

そんな事を思いながら逝ってきます。


——————

追記


相手もおんなじなので盛り上がらないことこの上ありません。

現場からは以上です。

 

 

こまったなぁ

なんにもやる気が起きません。

休日出勤とか展示会とかがやっと終わって、これから月末対応もあってぼんやりしている暇はないのに、しかも明日も普通に仕事なのに寝るのも嫌でネットしてる。

さっさと寝ろやー!と思うし、明日の朝辛いだけなのに寝るとまた1日年取る訳なのが虚しい。

明日、また明日、また明日と

というマクベスではないけども日々老いていってるのが分かる。

昨日は平気だったのに、今日は階段で走れる段数が減った。

先週は美味しく食べきれた揚げ物が、今日は胃痛を呼び込んだ。

去年は3連休遊んでいられたのに、今は2日は寝ていたい。

やだなぁ。

仕事しかやってないし、それすらも惰性でモチベーションもないもん。

頑張りたくない

若い世代は出世に興味がなく、そこそこで良いらしい。

 

私もだ。

 

出世出来る程自分に能力があるとは思っちゃいないし、出世する大変さと毎日寝る時間を削る労苦を考えたら平社員でいたいと思う。

勿論名誉欲はあるから名刺に役職が着いている方が自尊心は満たされるし、いい歳して新卒と同じような事をやっている(やらされる)惨めさも感じるけども、今の職場では偉くなるとそれらの肩書きがあろうが雑用は減らされずにあって、おまけに責任が倍以上になるから体を壊す生活しか見えないのだ。

誰か居るならマシだけども、夜10時くらいに帰って、消化出来そうもない時間帯に夕飯食べてそのまま寝て、4時間睡眠でまた満員電車に揺られる生活なんて倒れるしかない。おまけに独身独居生活では誰も気がつかないで朽ち果ててしまうでしょうから、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を欲するのは当然だ。

 

 

今更な前提となるけど、私が今いる会社は事務職という区分がなくて、全て総合職と言う扱いになる。こう言う会社は最近増えているけども、基本異動はない。

となると、過去に事務職で入社した人は業務は変わらないで総合職と同じ扱いになる。

別にそれは良い。

けれども、そうなると「事務ではないので事務作業をこちらに委託しないで下さい」と主張されて、結果、これまで頼めていた作業が熨斗つけて返されてくる。職種での上下関係なんてあるとは思っていないし、どちらかと言えば営業職は『何も技術がないやる人がやる』イメージの職種筆頭だから、事務作業を押し付けたいっていうのではなくて、なんと言うか、やると小言を言われる業務を(表作成とか、名簿作りとかの入力業務が筆頭だ)しなきゃ行けない状況が発生している。やらないと、そもそもの営業活動が出来ないから、誰かがやらなきゃいけない⇒やってくれる人はいない⇒自分でやる という図式が爆誕する。

その結末として『その仕事で残業をするなら本来の業務じゃないから受理出来ない』と言われてサービス残業をするハメになる。

 

事務専門の人雇ってくれよ!って叫びたい気持ちが湧いてくる。

そうすると、事務をやってくれる派遣さん準社員さんが現れるけど、結局『社員じゃないから』という理由で伝えた部分しか動かなくなる。RPAかよ。

 

分かる、分かるよ?権限がないから、分からないから、契約外だから、確認が必須と言うことも!

でも確認として作業がそのまま戻って来たり、そもそもの作業内容を担当者不明のところから探偵宜しく、社内の色んな部署に電話しまくって確認しなきゃならないなら自分で作業するのと変わらんのだ。

なら面倒な方を避けて、人と依頼のやりとりや、大げさなくらい感謝する必要、嫌われて陰口を叩かれるリスクがない方、つまり自分でやる方をとるよ。

 

そうなって、持っていた仕事に+αとなる状態で、偉くなりたいと思う人が増えるとすればそれは上昇志向がある人か責任感の固まりって人だと思う。または見返りがそれを凌駕するほどの環境があるってことでしょう。はたまた追いつめられるのが好きなドエムだな。

 

隣で同じ評価の人は人間的な生活を出来ているのを尻目に、ほぼ同じ評価で生活を捨てなきゃいけないくらいなら、始めから評価なんぞ望む物か。

私は人間的な食事をしてお風呂に入って、洗濯された綺麗な服を着て生きて行きたいだけだ。

 

 


営業ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

夏休みだ!今日で終わるぞ☆

夏休みを取得致しました。

有休有り余ってて、今年で消えてしまう分も大分あるので月末まで休もうとも思ったが、月末の処理が恐ろしいので、明日から出勤だー。行きたくないよう。

仕事をしたくないのもあるんですが、なによりもメール開くの怖いのです・・・。休み始めは見てたけど、旅行中放置したから・・・どんだけ溜まってるのかしら?という恐怖に震えております。

 

夏休みとはいえ、特にやることも旅行の予定もなかったので、独身友達を誘うことにした。都内のホテルでダラダラしよーって提案したところ、向こうも乗り気になってくれたので少しお高めのホテルでひたすら持ち込んだDVDを見ながら古いバンドにキャーキャー言ったり、エステをしたりしてみました。

見事に世間的な妙齢独身貴族のイメージを遂行できたかと存じます。

あ、あと高いイタリアンでしこたまワイン飲んで翌朝ビールで迎え酒をしてから、銀座の寿司屋に駆け込んだりした。身も蓋もなくぶっちゃければ、喰って寝てた休みでした。

異性との接点?ホテルの喫煙所で「ライター貸してくれ」って言ってきたポルトガルからの旅行者と10秒会話しただけだね(^ω^)

 

勿論、始めは「結婚を神頼みする為にお伊勢参りでもする?」って案もでましたが、2分くらいで「祈ってなんとかなるんなら、既になんとかしてくれてるくらいには祈ってる」ということになり、上のような二泊三日に至りました次第です。(ちなみに友人の家は敬虔なプロテスタント系クリスチャンである)

途中で友人から、この夏休みを利用して『転職活動』をすべきだったのでは?という的確な指摘を受けることございましたが、楽しかったです。転職活動は今度行います。

 

 

転職活動も良いけど、映画観に行きたい。チェルノブイリ観たい。

あと、人間椅子打首獄門同好会のライブ行きたかった。

  


営業ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

婚活は三たび目

土日の予定がなさ過ぎて、唐突に御見合いパーティに行ってみた。

①あんまり遠くは嫌だなーと思い、最寄り駅の沿線が開催地で

②遅い時間は疲れるなーと考え、御昼過ぎくらいで

③年齢差がありすぎると困るなーと感じ、男女での参加申込規定の歳の差が無い

といったえり好みで選んだら、申込可の食事会が1個だけあった。

こんなこともあるのねぇ〜と暇つぶし及び「一食ボッチ飯回避だぜ!」の気持ちで参加してみました。

 

結果は聞くなw

 

女性の方が出席数が多かったからか、女子会となりましたが友達が出来ました☆

もうねー、おばちゃん遊んでくれる人・休日に会ってくれる人ならなんでもいいの。

 

それにしても婚活業界の女性優位は何なんでしょうね?20代の女性が安くなるならまだしも、30を大きく超えてる人も男性陣の半分以下って凄いね。ばばぁなので申し訳なくなった。

ごめんな、若ぇの・・・と心苦しくなりながら年齢を早々に暴露するくらいでしか対処方法が見当たらん。(意図としては限りある時間、何千円も払ったのにこんなババアに時間を取らせちゃ悪いから)

卑屈だと言われても黙っているより良いし、後々知られて露骨に絶望的な顔見せられる方が精神的にキツイのです。はい。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村