ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

はじめに

営業職って辛くないの?

営業やってます、というと必ず聞かれるこの質問。

どんな仕事でも自分がやってなければイメージできない物ですが、営業って言う職種は昨今特に【辛い】というイメージがあるようです。

出来るのは精神力がある人、ポジティブ、我慢強い人、コミュニケーション能力が高い人、といったような事を思い込まれているようです。

たしかに、向いているのはそんな人かも知れません。

 

でもここに全く正反対の『打たれ弱くネガティブ、人見知りでしかも我慢するくらいなら降参する』ような営業職がいます。

仕事はできないけれど営業職として会社員をしています。

ちなみに人見知りでコミュ障の程度は、喪女になってしまうくらいです。

そんな女が営業職。

初対面の人に職業を言うと聞き返されるくらいには似合っていないらしいです。

そんな奴でもなんとかなってる(と思いたい)なら、営業ってそんなに難しいものでもないんじゃないか、と思っていただければ万々歳。

 

 

◆簡単なスペック◆

文系出身 部活は美術部

情報系中小企業営業部 (中途)

勤続10年以下

アラサー喪 

貧乏すぎて常に空腹

 

2016.6.9 タイトル変更 旧:営業の底辺そのまた下 

 

↓参加してます


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

どろどろ酔っ払い

酔いすぎております。

酷く酔っております。

途中下車するくらいには酔っているんです。


こんなに酔うのは久々で、こんなに酔うといつも同じことを考えます。


なぜこんなになってしまうのか。

そしてこうなると、いつも同じことを考えて帰り道に一人で泣くのです。


姉のせいだ、あいつのせいだ。

あいつのせいでこんななのに、あいつはそれを全て捨てて幸せな家庭を築いてるんだ。

そんなことを考えますね。


そういう考えが私をこう言った風にしていて、改善されないと言われたこともありますが、どうしようもない。


できることならあれをぐちゃぐちゃにしてやりたいし、呪いとかがあるのなら彼女の幸せな系譜の末代でも良い、めちゃくちゃにしてやりたい。

この不憫さを、やり切れなさを与えてやりたい。

広告を非表示にする

年末に無職で過ごすもんじゃねぇ

突然自分への戒めからこんなタイトル。

 

いや、一応年末は働いていましたが、年末調整に間に合わなかったんですよねぇ...。

そんな訳で生まれて初めての確定申告をしなくてはいけなくなってしまったんですが、これがもんのすっごいめんどくさい!

国税庁もネットで出来るようにしたり、webでのフォーマットを設けてくれていたりするんですが訳が分からん。

1ヶ月間の無職期間の住民税やら国保やらの紙を探したり、節約意識で始めたふるさと納税があったり、保険控除をしたりと普段おおざっぱに生きている人間にはさっぱりですわ。

こんな貧困層からとらないでおくれよーと思いながら、帰ってくる金額にしょんぼりしたりしていたらせっかくの休みが潰れた← かるく悲しくなった。

 

何故かパソコン打ちながら思い出したのは、バッファロー 吾郎さんの一発芸。人魚の格好して一言「確定申告はお早めに」ってやつ。お早めに、って言った後に尾ひれを床に打ち付けている姿が頭の中をぐるんぐるんしてた。

 

そんなわけで、これから知人達が転職等をしようもんなら「12月だけはやめておけ」と両肩を掴んででも伝えたいと思う。ほんと、会社でやってもらった方が良い。

 

 

さてさて、愚痴はこんなもんで最近読んだ本の話でもしましょう。

 

森茉莉『贅沢貧乏のお洒落帖』 筑摩書房  2016年

 

 

森鴎外の娘さんが書いたエッセイです。

森鴎外自体、教科書の舞姫のイメージしかないのですが、戦前〜戦後のブルジョワ階級?の娘さんのおしゃれなんて気になったので購入してみました。

鴎外自体が国費留学とかで来てる時点でブルジョワ階級じゃないのかもしれないけど、まあ深くは考えない。内容を読んでいると、とても『贅沢”貧乏”』とは思えないけども...きっと周囲の人がもっと凄かったから比較対象が一般庶民とは違うのだと感じます。

 

ドイツ留学していた鴎外が父だった事から、子どもの頃から舶来品のお洋服を着て学校に通っていたという思い出話や着物と帯について、自身が洋行した時にヨーロッパで見た子どもの服装や仕草など、欧州と日本が今よりももっと違っていた頃だからこそ感じる部分が多く、言葉遣いも丁寧で現代のエッセイとは毛色が違います。

鴎外が彼女へ選ぶ洋服についての細かい描写や、着物と帯の趣味など、現代では非日常的な表現が古めかしく、当時の美的感覚や年齢に合わせた趣味思考が伝わってくるようでした。

随所随所にちりばめられるファザコン的エピソードには生まれた家柄と、時代が時代なら喪女として仲良く出来そう...とさえ思いましたが、偉大な父を良家の娘さんならではのお父さんっ子感覚なのでしょう。

その感覚は全く共感出来ませんが、彼女の人生そのものに文豪「森鴎外」は大きな影響を残していると言い切れそうです。

 

興味深いのは鴎外の知り合いとしてたまーにでてくる作家達。エッセイだからこその人間同士の交流が垣間みれると言う点でも、この時代の作家が好きな人にオススメしたい一冊です。

アピール点を付け足すとすれば、谷崎の『陰翳礼讃』が好きな人なら女性的な視点として読んでみて欲しいです。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村


喪女日記ランキング

おひさしぶりです

久々に日記を書きます。

 

転職したりしてバタバタしているうちに随分時間が経っておりました。年取ると時間が光速で過ぎ去っていくのが心臓に悪いです。

新しい職場といえば、1ヶ月ちょい経っているのに未だに慣れません←

これも加齢故に環境に適応しづらくなっているのかねーと全て老いの仕業にしてしまうのがばばあのダメな所です。

ちょっとちゃんとした会社に入社したのが悪いのかもしれんな。

久々に制度とかがきちんとした場所にいったら、働く上でも提出書類とかが多すぎて付いて行けないって......もうどうすりゃいいの。

 

そんな感じで土日もぐったり屍状態な年末年始を過ごしておりました。

今日はやっとぼーっとできて、映画をみたり音楽きいたり耄けていたところ「そういや私はブログに愚痴を垂れ流しておったわ」と思い出した次第です。

 

気分転換にでもなれば良いと始めていたブログですが、いかんせん仕事の愚痴中心で、鬱々とした気持ちに拍車かけてしまう事請け合いです。

なので仕事の話はこれくらいにして最近観た映画の話でも書きましょう!

(ちなみに今日は『グリーンマイル』を観ました。余計に鬱々としました)

 

映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』

bosch-movie.com

あまりネタバレとかない映画ですが、念のため切ります。

続きを読む
広告を非表示にする

唐突に始める転職会社についての所感

突然に退職願を叩き付け今月退職が確定し、優雅な有休消化をしております。

やる事と言えば、テトリスか最近リリースされた『どぶ森キャンプ』というしょうもない日々を送っております。

 

さてさて、転職しなきゃ我が空腹をみたせぬ、ということで本腰入れて転職会社の門をくぐりました。

前回の記事でも書きましたが、登録は4社

  1. E社
  2. D社
  3. R社
  4. @社

以上です。

 

勝手な感想を書いて憂さ晴らしをしよーぜ!と苛立ちメーター振り切った状況で文字入力を致します。

名称がもはや隠す気がない略し方ですね!

一応断っておきますと、あくまでも私の対応をした方の印象だけなので『全然違うじゃねーか』という苦情はご遠慮ください。

 

続きを読む

お久しぶりです

気がつけば一ヶ月以上更新していませんでした。

体調を崩したり、半ば突発的に今月で退職を決めたり、引越をしたりと10月は怒濤の日々で『書く事が多すぎてまとまんねー』という状態となっておりました。

 

さらっと書いてしまいましたが、会社を辞めます。

ド底辺営業というタイトルにしているのに、今月以降の予定真っ白ーなわけです。

ド底辺営業からド底辺無職日記に成る日も近いと思うと、震えますね。人生送りバンドで生きるのがモットーですが、どうやら見切り発車人生になるのが私の常のようです。

 

さてさて、決めてから辞めたかったですが、会社との折り合いも有りそうでならなかったのでこの有休消化中になんとかしたいと今更慌てて動き出しております。

とりあえず10月末頃に、大手の転職サービスに登録しました。

R社、D社、E社、あと@社の4つ。

昨年からダラダラやっていた時にはE社を使っていたので、このままお世話になって決めようかと考えもしましたが、担当のエージェントさんが退職してしまったので連絡する人がいなくなったんですよねぇ...。どうりで早く結論を出せって言われる訳です。

この業界、知人も結構居る業界ですが、本当にIT以上に人の移り変わりが激しい印象です。異動もあったんですが、エージェントさんが転職されるのは2回目です。

 

知人達には、会社よりもエージェントとの相性と言われたので、相性が良い人に出会える事を祈ってます。

とりあえずRとDは立地も近いので、はしごして面談をしてもらえると考えて同じ日に行ってきましたが、1回行っただけでも結構違いがあったので使っていくにつれて良い方に絞ってさっさと決めないとなりません。(終わったら感想をまとめてみます)

 

会社の愚痴もたくさん出てきているので、綺麗な身になった暁には書きなぐる所存です。

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

映画『シングストリート 未来へのうた』

三連休!だけど予定もないよ!

ということで映画を観た。

gaga.ne.jp

 

ネタバレ

続きを読む