読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

IT化ってなんなのさ

不具合が発生し、システムの方は復旧出来た物の飛んだデータは手作業で入れていくしかない・・・そんな話。

 

紙とか石盤ならちょっとやそっとじゃなくなりませんが、劣化はする。

データなら劣化しない!とか謳い文句を使った事がある。だけども、電子データは消えるときは一瞬。

間違えて消去のボタン押すとかしてしまえば跡形もなく消え去りますよね、そりゃ。

特に操作ミスで消されちゃった場合にはこっちとしてもなすすべはございません。

どうしようもないです。

・・・え?バックアップ??

分刻みでバックアップってあなた、せっかちさんには向きません。というか、たいていの人が仕事中はせっかちだから、毎分保存とかしてたら現場で使っていられません。

 

ここで冒頭の話に戻ろう。

出社して、いろいろ自分の問題(自分元凶や原因不明etc.)を対応しているうちに、困った事に不具合連絡がやってきた。

不運なのは、電話を取ってしまった事だ。

電話先で、担当営業のDが慌てている。なにやら、お客さんのシステムが今朝おかしくなり、急遽SEを派遣して復旧した物のデータが全部ヴァニッシュしたそーな。

唯一幸いだったのは、朝から壊れていたのでデータはバックアップ分が全てであるとの事。

しかしスクラッチで作っている物なのでインストーラーとかもなく、せっせと手作業で入力しなくてはならないという。突然現場へと生け贄に捧げられたSEさんは途方に暮れながらデータを入力している等と、無意識にも涙があふれるような話。

結論を言ってしまえば、担当営業から「データ入力作業手伝って〜」という要請をうけたのだ。(おまけで、本人は別件があるので出来ないという状態)

たまたま今日は室内業務の人間が多かったお陰もあり、時間はそれほどかからなかったけど、これがもし自分一人だったらと思うとぞっとする。途方に暮れるしかない。

 

何はともあれ、お客さんに迷惑かけているのだから一刻も早く戻さなくてはとせっせと作業をしながも、皆で愚痴を言い合うわけです。

一番かわいそうなのは引き継ぎ案件で担当となったSEさんだよなぁ・・・と、事件現場で作業をしているであろう彼に憐憫の情を抱きつつ全員で遠い目をしながら、情報を確実に保存をするには粘土版が一番良いのではないか?という結論に至る。ハッキングもないしさ。ウィルスの心配もないし、ハードがなくなる心配もない。だって粘土なんて土に腐る程あるし。というか手作業でデータを入力し続けるって、どうなんだ?(内容は見えないような形なので、入力している私たちは何のデータなのかすらしりません。あしからず。)

話の落としどころが分からなくなっている私たちへ課長より、自分の仕事を否定するような事を言うなとお叱りを頂いた。

 

総括

便利さと不便さは紙一重

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

フォーマット形体 拡張子合致せず

仕事でファイルのやり取りをする。

『メールに添付致します。ご査収ください』

という文言を打つ頻度は

『お世話になります』

に次いで多いかもしれない。

ファイルサーバを使う事もあるけど、iPadiPhoneが出てきてからダウンロード出来ないという連絡を貰う事もあり、メールに貼付ける事が一番多い。

一応パスワードはかけるけどね。ただ、このパスワードも、上記端末のお客さんには不評である。いやいやいや、セキュリティ上しょうがないんですって。契約書草案を生身で送る勇気はない。Dropboxとか使って下さい って言えればなぁ。

というようなやり取りはまだ序の口。会社に戻ってもらってPCから見てもらえば問題ない。

 

困るのは拡張子が違う場合やそもそもそのソフトを持っていない場合。

Excel2007が出たばっかりの頃なんかは、xlsとxlsxの仁義なき戦いが勃発し、後者を持っている方は良いが前者しか持っていない方は、拡張子を変えてもなんか崩れていたり、そもそも見れなかったりした。

でもまだマイクロソフトさん同士なので何とかなる。

イラスト用のソフトのeps使ってる図案とか来た日には、私のパソコンには全く入っていないのでお手上げ状態なので、イラスト担当者に開いてもらう。あとcad、開いた瞬間PCがフリーズするから、最早爆弾だ。

 

それで今日は、一太郎のファイルが来た\(^o^)/

一太郎徳島県が生んだスーパースター。一時期世界を取るんじゃないかと言う程広まった、あの伝説のソフト。おお、懐かしい。

お客さんも他社に送るときは結構色々言われた事があるようで、『一太郎なんです...』と電話口でしょぼんとしてた。思わず『花子』もあるんですか!?とテンションを挙げて聞いたら、そっちは使っていないとの事。残念。三四郎にはまだ遭遇した事がないので、今後に期待。

別に悪い事などないが、申し訳ないが見られない。

Google先生でWordへの変換方法を見ても、上手く変換されない。1時間くらいずっと「やべぇ、一太郎まじやべぇ」って言ってた。

困った挙げ句、お客さんに印刷した物をPDFで送ってもらった。

 

便利になっているようで、ソフトごとに違うことも多いので変な事で業務がストップする。

業界が違えば、拡張子ってことも気がつかない人も居るし、今日の人なんかはこれまでの実績から「ああ、やっぱり」と言った様子ですぐに別方法を考えてくれたけど普段使い慣れてない人は「なんでみれないの?」という質問をしてくる。

極稀だけど。

 

世界共通の拡張子、どのPCにも標準装備されているものがでればいいのにー。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

子供の頃の遊び

はてなのお題『何して遊んだ?』

子どもの頃、住んでいた所は中々長閑な所で木々が生い茂っていた場所が多くありました。竹やぶやらお寺の林、河原もあって遊ぶ場所には困らなかっ他記憶があります。

なので遊ぶのは大概草木が物凄い所で、木になっているグミの実を勝手に食べたり通学路途中にある金柑をもいで食べたり、低い木陰の中に秘密基地を作ったりしました。

秘密基地は数日楽しめたのですが、上級生に取られてしまったり、そのあとは大人が住み始めてしまった苦い思い出もあります。

 

他には水鉄砲を持って林の中で打ち合いっこ。かっこ良く言えばサバイバルゲームですが、当初は水鉄砲と輪ゴム鉄砲を使った大変子どもらしい、平和な物でした。

BB弾という文化が入ってきたのは、一度、中学生くらいのお兄さんがいつの間にか混ざってきていて、非常に高性能なBB弾を使っていて子ども達を開眼させた所為です。ポルトガル人に種子島で鉄砲を見せた時状態。やっべぇーかっけー!と男の子達が言っていました。そっからBB弾ブーム→危険なので禁止と言う流れ。今思うとあのお兄さんはボッチかなんかなんだろうな。

 

記憶にあるブームは、古い街なので地面を掘っていたりするとなんだか良く分からない土器の破片みたいな物が出てきたりもして、低学年の頃は皆で河原へ行き、一心不乱に地面を掘ったりしていました。あれがなんだったのか、本当に何かの土器だったのかはわかりません。

歳をとって知った地元の噂なのですが、新築の家を建てようとすると本当に出土してしまう事もままあったりして・・・いけないとは思いますが、地元の人間は新築を建てたりする時に業者さんが土を掘り返している際見守っていて、それっぽい物がでるとそっと捨てる、なーんて事もあるとかないとか (笑)

友人は実家の100mくらい先に遺跡っぽい物が出たらしく、建替えを躊躇しています。(出土してしまうと発掘作業をしなくてはいけなくなり色々大変なので)

 

で、高学年くらいになるとゲームボーイとかを手に入れる子が増えたこともあり、自然の中で遊ぶのは子ども!という風潮になり、ゲームボーイを持って公園に行くようになります。

ポケモンの赤と緑はギリ小学生だったと記憶していますが、持って公園に行くと、知ってる人でも知らない人でも「何色」って聞き合って、交換をしたり攻略方法を教えてもらったりしていました。そう思い返せば物凄い社交場ですね。

そしてモンスター交換したらバイバイ。たまに知らないおじいさんとかに「ゲームばっかりするな!」と怒られ、ベンチにゲーム機を置いてケイドロを始めたりしましたが、ベンチに置いていても別に盗難がなかったというのも凄い話です。田舎だからですかね。

懐かしい。

 

すごく元気な思い出ばかり書いていますが、ひとつ言っておくと私は木に登れません。

外で遊んでいても運動出来ない奴も居ると言う事です。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

知らない事は損である

住んでいる自治体から、今年の分の地域内施設や制度の案内が届いた。結構立派な冊子だけどあまりに分厚いので、毎年ゴミの部分だけ見ていた。

今日は暇なので、雑誌代わりに読むかーとお風呂に入りながら流し読みをしたら、結構色んな制度や会合をやっているもんだ。

  • 国民保険でも入院時に1日幾ら以上なら給付金がでる とか
  • 無料じゃないけど高齢者への食事配達サービスがある とか
  • 一定所得以下の世帯への学習塾とか高校大学の受験費用の貸し付け制度 とか

どれも今は必要ないけど、今後必要になる事があるだろう事に思わず「知らなかったー」と感動してしまう。

 

大変成績の悪かった私は高校時代に先生から

馬鹿なのは悪い事ではないが、調べようとしない、知らない事は自分にとって損だよ。だからまずは調べ方を学びなさい

と言われた事があるけど、本当に結構な年月住んでいるハズの土地の制度...というか非常に一般的な社会制度なんだろうけど、それすら知らなかったのは驚きだ。

確かに、上に書いた制度を知っていれば、もし将来必要になった時に諦めなくてもすむかもしれないし、のたれ死ぬ事もなくなる可能性はぐっと高まる。

こう言った制度では自分の何かが減っているのではないから『損』はしていない。

しかし、確実に知っていて申請を出せば『得』をする。

ここまで書いて去年末にブログにも書いた「ふるさと納税」を思い出した。あれも、申請した方が『得』だったわけで...これまでお金持ちのやる物と思ってスルーしていたけど、調べてみれば自分程度の年収の人間でもメリットがあった。NISAとかiDecoもやった方が得な制度らしい。

今後はもう少し補助制度とか社会保障を調べる方が良いと思い、まずはネットで検索をしている。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

言うなれば、会議は心理戦

小さい会社の製品は何故陽の目を浴びられないのか

中小企業で働いています。

一応、ITのソフトやらその他の製造物を作っています。私は作ってないけど。

で、そこそこ有名な企業さんでも使っていただいています。ありがてぇ。

だが、会社名を言っても10人中9.8人は知りません。0.2というのは、なんか聞いた事がある気がするってレベルの人です。

CMもやっていないし、製品が多くの人の目につく事自体稀なので、認知してもらいようがないのが現状です。

知名度=技術力とは思いませんが、知名度=信用力なのだと、売り手としてひしひしと感じる訳です。自社に技術力があるとは言いませんが、素人集団な訳でもないとは思っています。

ただ、人が足りないので、全体的に後手後手になってしまうのは悲しい事実。陽の目を浴びるには、何かに取り上げてもらうか、大きな企業に使ってもらうくらいしか方法がないのです。

 

中小企業で技術があるというのはここ何年の流行だ

で、なら中小企業はどうすれば良いのか?

ここ数年、中小企業が実はNASAやアップル社に卸しているよ、といったお話が出てきます。

フィクションの世界でも、実話をもとにした『下町ロケット』も流行りましたよね。

で、大概大手企業に飲み込まれそうになりながらも頑張って技術力や団結力で打破して行くんです。夢があるお話ですし、多くの人は中小企業勤務なので感情移入し易いでしょう。

ただ、フィクションはあくまで夢を語っている部分もある訳で、実際には大手に勝つなんて中々難しい話なのです。折角の技術も、発想も、持って行かれてしまう事だって多々あるんです。

昔、何かのインタビューで業界最大手の社長さんか役員さんが「うちは先発製品はださない」と明言していました。これ、凄い正直だなーと驚いた記事なのですが、本当に中小でやっていた製品の何倍もいい物を後発製品として大手さんが出されるってことも多いんです。もちろん、こちらのような荒削りではなく洗練されている物なので、比較したら失礼なのでしょうが。

当然ですが、そんな物と真っ向勝負したら完膚なきまでやられてしまいます。

正々堂々勝負ははなからしません。

設備も人も負けている中で、技術で勝つというのは本当に情熱がいることなのでしょう。

 

一番悲しいのは、自社の冠をつけられない事

そしてタイマンではなく、一番悲しいのは自社製品を自社として出せない事です。

対等にお話をさせていただいている〜と来て最後の最後にどんでん返し!ではないですが買いたたかれて挙げ句に大手様の名前をつけた製品となってしまう事もあるのです。

表向きに実績として出せない状態です。

しかも、中々狡猾に話をもっていかれ、値段も最小状態!足下見られてしまう訳。

こっちとしては話が進みだしている時点で経費がかかっているから、話が潰れてしまったら赤字になるしかありません。すでに時間もお金も使ってしまっているので、その条件をのむしかなくなります。

紆余曲折して長々会議をした挙げ句、一番始めに戻される事もありますし、出血大サービスをしている事もあります。それでも売るしかないのはゼロよりはマシという事です。当然、早めに気がつかなかった営業のミスです。

資料を読み込み、議事録におかしな所はないか探し当て、そして会議では心理戦です。何処までなら許されるのか?反対に何処までを飲まなくてはいけないのか。失敗したら失注です。

正に狐と狸の化かし合い。

初めから高圧的な担当者の方がマシだなぁーととぼとぼ帰宅しました。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

居場所がないと感じる時 〜『傘寿まり子』を読んで〜

学校で、周囲がみんなグループで一人でいるの時。

家族の中で自分だけ蔑ろにされている。

自分だけ話題に入れない飲み会。

などなど、居場所がない孤独感で潰れそうになる時は多々あるけれど、自分だけ部屋に一人で居る時に感じる孤独感とは別種のものである。

寂しいなぁーとは思っても他に人は居ないのでそれは個人で完結してしまう。

最初に挙げた状況は比較対象がある場合に襲ってくる感情だ。孤独感にさらに追い打ちを書けるかのように自分の存在が『無』であること。虚無感?とは違う、『自分の無価値さ』や『存在意義』などの自己肯定感を一気になくす感情だ。

私は家でも外でも大概一人なので最早その感情がデフォルトだけども 笑

 

突然何を書いているかと言うと、今日読んだマンガを読みながら初めに出た感想がこれなのだ。

『傘寿まり子』講談社  おざわゆき 2巻〜

80歳のまり子さんが、家出をしてみた。

>傘寿まり子1巻【電子書籍】[ おざわゆき ]

価格:540円
(2017/2/16 21:50時点)
感想(1件)

 

〜あらすじ(ネタバレ)〜

続きを読む

バレンタインデイ〜〜

はっぴぃばれんたいんでー

あげる人は居なくとも、コンビニやらスーパーやらで可愛らしい包装のチョコレートを見ると心が弾みます。会社員になってから義理チョコを渡す行事にもなっているので、今年は何にしようかなぁー、などとぼんやり考えるのも楽しいです。

300円程度ですが、皆さん大人なのでお礼を言ってくれたり、ちょっとした仕事をしてくれたりします。お歳暮が禁じられているので、ある意味その代わりとしている感じなのでお返しは不要と思っているのですが、貰いっぱなしは・・・という姿勢で、本当に皆さん大人だと思ったりしています。

渡さない方が、皆気を使わないのかも知れませんね。

完全に自己満です。

 

にしても、最近って、300円くらいでも結構ちゃんとした物がありますよねぇ。

昔は本当に安っ!っていう風貌のしかなかったけど、それなりに様になる見かけで味もそこそこなので、探す作業がとても楽です。・・・まぁ、若い頃はそれすらも楽しかったんですけどね。

菓子業界に踊らされてる?いいんです。

前の会社では、同僚の女の子とハロウィンにもお菓子交換とかして、一瞬だけど、そういったやり取りが好きなんです。正直に言ってしまえば、行事をやらなくなるととたんに一年が早回しされたかのように終わってしまう気がするんです。

あー、もう年末だーとかきっとすぐですよ。

今年の心残りはサロンデュショコラに行けなかった事ですが、三越でプレスタだけは買ったので砂糖抜き生活はちょっと中断して、ちまちまピンクシャンパントリュフをつまみにお酒を飲む事にします。

パッケージも可愛いし、お店自体も絵本の中にありそうというか童話と言うか...ラデュレーとはまた少しテイストが違うちょっとゴシック系?というかエッジが聞いていると表現すれば良いのか・・・。ちなみにラデュレーはふわぁっとした色調なイメージです。お店はそんな感じじゃないけど。

どちらも可愛い物好きな女子への手みやげにはバッチリです。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ