ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

洋服を捨てる

クローゼットが相変わらず溢れているので、いい加減着ていない服を捨てる事にした。洋服は捨てるの面倒+捨てた後必ず後悔するから、なかなか捨てられない物だ。

 

1年程様子をみて、一度も着ない服を捨てようと去年決めており、今日はその中で一度も着なかったもの+あまりにも痛んでいる物を取り分けた。その中でも仕事で来ている白いシャツやTシャツは汗染みや黄ばみが激しい事もあって、とっておいても使えない服が多かった。

そして、汚れていなくても若かりし頃に買ったリボンやレースモチーフの物は、さすがにもう着てはいけないのではないか?そう思っていた所だったから、思い切って捨てた。

 

こういった可愛らしい洋服は一体何時まで着て良いものなんだろう?

よく言う「似合うなら良い」という答えは、ダメだ。

だって、若い頃から似合わなかったから。

ピンクとかパステルカラーも軒並み女装しているような感じで、まったく残念な風貌だった。そう言っても、マニッシュ系なら似合うのか?クール系なら問題ないのかと言えばそれもおかしい

もはや似合う服はないと言われたら、納得するしかないけれど外に出るには服が必要なのだ。

 

 

あと、今回困ったのが古い下着の捨て方。

あれ、どうやって捨てるのが良いのか?これまでは一応紙袋に入れて燃えるゴミに捨ててたけど、それを有り得ないと知人A(美女)に言われて、その捨て方がおかしいと知った。

 

知人は切って捨てているそうだ。わざわざ切るの!?と驚くのと同時に昔『こち亀』で両さんが「男が夜な夜な下着切ってたらヤバいだろう」と話をしていたエピソードを思い出した。(たしか中川は「別に夜な夜なじゃなくても」と言っていたが、働いてたらそんな事が出来るのは夜くらいしかない)

それか。一般的だったのか。

これ、男じゃなくアラサーのばばぁがそんな事していたら呪詛っぽくはないか。

そしてわざわざそんな事しなくとも誰もとらねーよという声も聞こえる気がする

言い訳をさせてもらえば、とられる事は初めから考えてない

見えたら気持ち悪いだろ?という理由でそのまま捨てるのは如何な物か?と思っているのだ。視覚的暴力を回避するために切るという考えも浮かんでいる。

別の知人B(既婚)に聞けば古着と一緒に捨てているとも言われ、さらに分からなくなってきた。

 

結局、悩んだ末に下着類は紙袋に入れて捨てたけど、一体どうするのが良いのか。

誰かガイドラインでも作ってくれれば良いのに、そう思う。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

私の知っている世界とは違う

移動中にYahoo!ニュースを見ていたら、こんな記事を見かけた。

headlines.yahoo.co.jp

 

おお、どうすんだ?とタイトルほいほいとなり、早速読んでみた。

 

結論から言おう。参考にならん!

だってモデルケースのAさん、34歳で年収500万円、手取り月収26万8千円。おまけにボーナス年間80万円。

キャリアウーマンすね...。

全く重なる点がないから、3行で読むのを止めた

 

独り暮らしで年収500万あれば、タイトルのように貯めることも不可能ではないよ。

技も何もなくたって普通にいけると思う。むしろ指摘されていたの家賃10万円もこの年収なら別に問題ない気もする。月10万5千円ということは年間126万円、手取りで考えても住居費31%程度。それって普通〜若干高いくらいじゃないのか。

さすがプレジデント、冠に偽りなし。大統領の名にふさわしいね。登場人物の設定がハイレベルすぎて全く想像がつかないぜ。

それとも私が知らないだけで、世間的にはこの年収が普通なのか?そう思うと自分だけデフレワールドに巻き込まれて生きているのかもしれないと恐ろしくなる。

あ、パラレルワールドのお話かな?

 

 

はい、底辺の僻ですー。

しってるー。

こっちのニュースの方がよほど身近だ。

headlines.yahoo.co.jp

 

読んでいて『あ、両親は私に対してこれを危惧してたのか』と気づかされた。

毎日かろうじて働いていますが、やる気もなけりゃ能力もない娘への叱咤激励の背後にはこんな問題があったのかと考えると「真面目に働いてまーす☆(テヘ)」という主張をしておく事も親孝行になるのかもしれない。

嫁にいける気配は微塵もないため、せっせと働いてどうにかやって逝くしかないんだと、仕事に行く前に妙な気合いが入る記事だった。(誤字ではありません。念のため)

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

ご飯を食べる場所がない

外回りに出ていて、勝手知らない土地へ行く場合、そしてそれが昼時間を挟む場合は色々なリスクを孕んでいる。

どんなリスクがあるのか?

 

  1. そもそもお店がない
  2. お店を見つけても入れない
  3. 何料理か分からない
  4. 出てくるのに異様に時間がかかる
  5. 営業時間がピンポイント過ぎる

簡単に挙げてもこれくらいある。

 

1. そもそもお店がない

ターミナル駅ならまずない問題だが、工場の場合やその他遠方の場合だと駅周辺に何もない事がある。タクシー乗り場にタクシー1台、コンビニ1件なんて事も経験済み。

そういった環境でも歯医者と美容院と個別塾はあるので、これらの地域占有率が物凄いのだと分かる。余談として、タクシー1台だと、工場に向かう他社の人とタクシーの奪い合いになる。

知っていたら途中のターミナル駅で食べておくべきなんだろうけど、初回とかで、しかも他社の担当者と駅で待ち合わせとかの状況では食べに動く事も出来ない。

ないわけないだろうとマップで検索しても、車社会なので1km先とか歩くに歩けない場所にチェーン店が見受けられる始末。

コンビニでおにぎりを買って、バス停で食べる事となる。(食べないという選択肢は最終手段)

 

2. お店を見つけても入れない

1、2件ファミレスとか個人がやっているお店を見つける。この場合、喫茶店系が多い。お店あるじゃない、と安心して入ろうとすると、12時前で既に満員で並んでいる状況。近所の人の憩いの場。またはママ友ランチが開催されている。おい、自由に昼食を食えるんなら12時はずらせよ。そんな悪態が出てくる。

空腹なので切れ易い為、さっさと出て行くに限る。

 

3. 何料理か分からない

なぜ、普通の定食屋はないのに、マレーシア料理屋はあるのか。餃子屋カレー屋(インド人っぽい人がやってる)もよく見受けるが、トルコ料理とか、あと多国籍ダイニングとかがぽつんと置かれている事も多い。

せめて、せめてメニューを店先に置いてください....

店名から料理の系統が思いつかない知恵のなさが行けないのは承知しております。

 

空腹とあと5時間近く食べられない事を憂い、背に腹は代えられずに入ります。

辛いものが食べられない人間にアジア料理はハイリスク。7割方食べられる物がなく、残す事になる。

餃子は好きだが、客先に行くため涙をのんで諦める。

 

4. 注文後料理が出来るまでが長い

メニューを選びます。

待ちます。

20分〜30分とかかかることがある。

常連客と話をしながらになっていたり、一人で切り盛りしているので、注文取りもレジも下手したら料理も全部やっている場合、めちゃくちゃ遅くなる。

カレーとかなら早いかと思っても、大体失敗する。

お店のテンポという物があるので、嫌ならくるなと言う事ですね。分かります。待ち合わせがある場合、室内にいるのに嫌な汗が出る。

間に合わなくなり半分以上残して帰る事も、料理がくる前に帰る事になった事も、どちらも経験済み...。勿論代金はちゃんと払いますよ。なんたって注文しているから、迷惑かけている事は自覚している。

 

5.  営業時間がピンポイント過ぎる

近所のマダームが趣味でやっているらしき小料理屋系の定食屋で遭遇するタイプ。

営業時間11:30-14:00 とかのお店の場合、ラストオーダーが13:30頃で、うっかり昼時間をずらすと入れなくなる。

同じく上で挙げたような喫茶店でも、体験可能。

 

電車が1時間に1本の駅、真冬の東北で駅に待合室がない中、喫茶店で時間をつぶそうとしたら既に営業終了になっている...。途方に暮れる

 

 

と言った具合に、昼ご飯を食いっ逸れる事も多い今日この頃。

ちなみに今日は1と2だったよ!(泣

  

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村


営業ランキング

有休が増えるって

いう噂。

本当かな?また公務員とか旧官営企業とか、大企業だけじゃないのかな。

プレミアムフライデーもそうだ。大手しかやってない。

 

環境の良さは羨ましいけど、仕方がないと思うだけにしておく。

しかし困る所は『至急対応』と指示され何より優先して対応したところ、向こうが先に帰ってしまっていて連絡手段がなくなっていて結局翌日に渡すはめになることだ。

某企業なんてプレミアムフライデーの日は会社の電気が消えるとか、外からの電話が繋がらなくなるとかで、担当者さんがこっちにきてくれたりしてるけど、本末転倒この上ない。

 

こういった制度を国が色々やりだしてくれているけど、現状の感想としては最低限しか保証されていない中小と大企業の差がますます開いて、一層中小に来てくれる人が減る要因にならなきゃいいんだけど。このままだと多分中小は人が少なくて潰れる

かろうじて仕事があっても人が来なくて仕事が回らないから

 

そうなのだ。絶対的に人が足りない。

新人が抜けた分が未だに埋まらない。いや、埋めようと会社側がしてくれないので全員叫びそうになっている。

 

急いで出なくてはいけない所に問い合わせ電話20分。

さようなら予定の電車、こんにちは全力疾走汗塗れ。

口頭での製品説明対応とか、突然のセミナー出展依頼とか、去年の今頃なら嬉しいお誘いも今では「誰がやるの?」「お前まだ暇だろ」とお互いに譲り合いをする。

取り合いどころか、押し付け合いが発生する社内ってとんでもない状況だ。

勿体ない。・・・といっても幽体離脱も出来ないので、どうしようもない。

 

そんななのに売上が上がらないのも不思議。

多分無駄な動きが多くて、生産性が低いのだろう。

 


働くヒトランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

整理整頓難しい

映画の話をすることが何回かあったので、『映画』カテゴリーを増やしてみた。

私はこう言った分類をするのがとても苦手。学生だった頃、集めた資料を分かり易く分類するのとか、論文の内容ごとに整頓して保存しておくとかが出来なくて、いざという時に探す労力。思い出したくもない。

文章書いたり、内容を精査したりするよりも元データを(書類の山から)発掘する時間の方が長かったもの!

それを考えると、書いた文章をPCでWordとして保存したり資料をPDFにして論文はCiNiiで検索、場合によってはそこでダウンロード出来る今って本当に便利。しかも海外の図書館が持っている資料がオープン化されていて、見れるとか...なんだその天国。

こっちは精々amazonとかFnacとかで通販するしかなかった...それも中々の高額で。

実際に現地で探すしかなかった時代に比べれば楽だったのは分かるが本一冊に2万とか嘘だろ...しかも使えるか分からないんだぜ?というギャンブル状態よ。

 

なんにせよ、インターネットで便利な世の中になったもんだ。

 

という事で(突然)今日読んだ本の話

『IoT AIの法律と戦略』福岡真之介 桑田寛史 料屋恵美 商事法務 2017

 

珍しく、仕事関連の本でも挙げてみよう。タイトルと出版元の名の通り、法律関係がメイン。

私は法律は全く知らない残念頭だけど、仕事上、最近の流行でIoTやらアルゴリズム関係を使う。その派生でデータとかを扱う事もありでお客さんから質問を受ける事が多いのが、『そういった機能を整備するのは会社の中で何か新規で申請しなければいけない契約とか規約ってあるの?』という点。

しらん!と言い切ってしまうのも問題なので、

  • データを扱う所で何を懸念するべきか
  • 人を介さないで集めたデータを持つのに問題になる事は何か
  • 問題を起きたときは機械の製造元、使用者、その他、どこが責任を負うのか

そう言った事柄を、概要でも把握しておくべきと思い読みました。

 

法律自体をあまり知らない中、読んでいても無意味かと思ったけど、この本はかなり分かり易く書いてくれている。

IoTという物の導入と、本格的に知りたい場合に読む本の紹介。そして中心の法律も基礎となる個人情報保護法の概要説明からどのように発展して、今後IoTやAIといった情報分野で問題視されるのかを指摘している。

また、法律では事例や判例が出てくるのが当然だが、その例が実際に上記IoT製品(日本ではまだ全体的な事例はほとんどないのでその一区画)を使用している状況となっていることも、イメージがし易い。

 

刑事責任といった単語や著作権特許権といった法律用語には頭が痛くなるが、上に上げたような身近な例が多く出てきてくれるので、普段法律等を知らない人間でも全体像の大まかな把握には向いていると思う。

本格的に勉強するのであれば、もっと複数の専門書を読む必要はあると感じるが、導入時に最低限の知識をつけるには良い本だ。

 

<思ったこと>

本の内容は上に挙げた通り。

それ以外に、この本を読んだ事で感じたこと。

便利な世の中になる反面、これまでなかった物を使う物を使うようになるのだから、知識も新しく必要なのだろう。

それを考えると、新しい物を使うには色々勉強が必要になると思う。

勉強には時間や労力、あと精神的な向かい方。日々の生活でやる事が増えていくのは当然だ。そうすると新しい事を『頭に入れる』行動が面倒になる。できなくなる。

時間がとれないからだ。

それを考えると何でもかんでも諸手を上げて受け入れるのは、歳を取っていくにつれて難しくなっていってしまうんだろう。

私は今、自分の事をやるだけで良い。だから出来るだけ色んな事に触れていきたい。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

弊社社長はエキセントリック

先日とある小規模セミナーに出た...のは良かったけど、地方開催だった事に加え、あいにくの天気。率直に言えば中々閑散としていた

こんな日もある。

自社ブースだけでなく全体的に人が少ないから心も痛まないので、ぼーっとしている事が多かった。そして他社も同じような状況+類似製品や接続可能機能の取り扱い企業が多いので、なんとなく顔見知りもいたりして、暇つぶしに話をしていた。

中小企業同士、営業人数が少ないと顔見知りも増える物である。

 

何度も会った事のある相手なので、気楽に話が出来てしまう。なんとなく会社の愚痴ではなく、会社の笑い話とか、競合の会社だと「あの案件、結局おたくがとったって聞いたよー」とかざっくばらんすぎる会話をしている中で、自社の社長のキャラクター暴露となる。

ちなみに『あの案件』はうちも結局買って貰えず、大手企業の物になったという事を告げると、落胆してた。大手さんに持って行かれると、何よりも哀しくなるのは負け犬根性なのかエリートなんかにゃ負けないぜ!的な少年漫画思考なのか...。

現実には大手さんが現れた時点で、大方敗北っす。

 

話を戻して互いの会社の社長の話をした後、それを横で聞いていた同行していたシステム営業が一言。

 

システム営業「うちの社長は全体的にエキセントリックですよね....」

私「え...エキセントリック!?どのへんが」

システム営業「指示とか、繰り出す企画とか」

私「御歳80歳に対してエキセントリックと言う表現が出る方がヤバい」

 

そう言いつつも、妙に納得してしまう。

斜め上というか、なんと言うか....。今そこでその指示を出すのか!と言ったアドバイスを下さいます。あと、突如私用携帯に電話をかけてきます。日曜日とかでも平気で....。

大体答えが出ないような質問を繰り広げてくる。まるで禅問答のようだ。

最近また動きが活発になっているので営業は戦々恐々としている。

 

エキセントリックな話を書ければ良いんでしょうが、書くと明らかにバレてしまうネタが多いのでかけない。悔しい。

 

バレなさそうなので一つ。

社長がいると会議が長引く(失礼)ので、社長の息子(名を和希(仮)と言う。御歳50)はあえて社長がいない日に営業全員での会議を予定した。

すると、本社で参加させてもらえないから内緒で東京までやってきて(自分で切符を準備したらしい)、そっと東京の会議室の隅っこにいた。私含め、東京の営業はさすがに『社長、退出して下さい』と言う事も出来ず、予定通り会議が始まってしまった。東京で社長に意見を言える人間はいなかった。

結論として、初めは黙って聞いていた社長も、徐々に熱くなる議論に混ざりたくなり、口を挟んだ。(黙っていたのは多分20分くらい)

 

息子も驚いたようで「社長、なんで東京にいるんですか!」とか反論するも

私の会社なんだから何処に居たって良いだろう」と言い、無視して話を進めようとする息子に「和希(仮)、待ちなさい!和希(仮)!だからお前は昔からだめなんだ」と昔話を交えて窘め、そのまま親子喧嘩となった。

営業全員が、『和希...(涙』という不憫さを滲ませつつ会議は2時間を超え、本来したかった議題は途中で終わった。

それでも最後まで、社長相手の口調を崩さなかった息子さんへはエールを送りたい。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

5月収支まとめ

もう五月が終わるなんて嘘でしょ...

もうすぐ2017年が半分終わる事実を受け入れたくない。

 

とくに何もない一日だったから、今日は一ヶ月の収支まとめだけにしておこう。

5月の収支まとめ

〜5月!連休が地味に効いてきている〜

A銀行:230,179円

B銀行:1,668円

C銀行:952,495円

定期預金×2:526,023円

財布残金:2,074円

 

先月比較:5,033円の黒字

 

あぶなかった...『なんとか』という表現がぴったりの状況だ。

iPhone代やら連休中のお出かけやらで、引き落としが物凄かったのもあり、非常に苦しい生活を過ごしていた。最後の方、飲み物代を浮かせるため、ただの浄化水持って会社に行くくらいにはお財布が厳しい日常だった。

もうやりたくはないけど、意外に水の方が水筒を洗ったりする手間も少ないし、残っても勿体ないと思わずに捨ててしまえる点では便利と思う。・・・中身は水道水をブリタで濾過した水だとは人には知られたくないけど。

 

そういえば、iPhone代と上に書いているけれど、今度出るiPhone8は10万円超えるとかいう噂を耳にして、当分新品の端末を購入する選択肢はなくなった。少なくとも3年は今の端末を使い続ける、それか前の5を残しておくしかない。

appleさん他の機種との差が激しすぎやしませんかね?

高くても売れると言う証拠なんだろうけど、こう高くなると気軽に持ち歩けなくなってスマートではない。iOSは他社では使えないから余計にねぇ....殿様商売め!!

ただ他の機種に変えるとしてもandroidは自社製品を使えないので仕事の時に困るし、Windowsのスマフォはあまり目にした事がない+Edgeがよくわからないので使いこなすまで時間がかかりそう、と考えるとやっぱりiPhoneになってしまうんだろうなぁ。

ミーハーなのは知ってるけど、一度『楽!』と思った事を捨てるのは中々辛い選択だ。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする