ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

皆違って皆良い

5月も気がつけば半分すぎています。早い。もうすぐ今年も半分終わるのか。

今日は、今年入社した新卒さんと話をしました。私のグループではないので、席は近いけどあまり話をした事がなかったのですがこんな事を言われました。

 

「ゴミさんはあんまり電話しないんですね」

新卒さんがこう言ったのは、多分OJT担当者がほぼ常に電話をしている人だからでしょう。さぼっている訳ではないんですが、私は特に緊急でないと電話しません。文字に残らないと不安なのでメールと訪問がメイン。メールの後、電話を少しするくらい。

全くしない訳ではないですし、かかってくる事だってありますよ(と変な自慢をする)

私の上司もこのタイプで、基本メール・訪問メインの人でした。電話って聞き間違いも出ますし、相手も営業だと出られない事も多いですからね。皆が皆電話かけまくってる訳ではありません。と、仕事をしていない訳ではないアピールをするはめになった。

 

で、ここでふと思ったのが、新卒採用などの場でよく出る質問

一日のスケジュールを教えて下さい

 これ。私に限った事じゃなくて結構周りの営業さんからも聞きますが、営業職ってこの質問に答えにくい。何故って、同じ事をする日なんて滅多にないから。あとお客さんの話をする事になるから。動いている人になればなるほど

      8:30   出社→メールチェック

     10:00  外出

     16:00  帰社→メールチェック、書類作成

     20:00  退社

といった感じになる。時間なんて日によって変わるし、会社にもよるけど下手したら直行直帰になるからルーティンワークなんてほぼない。ルート営業の人ならいくらかあるかもしれないけれど、変わらないとこなんて出社ぐらいなもの何じゃないでしょうか。

まぁ、中には『絶対朝は会社に出社する』『毎週金曜日は1日社内に居て書類作成』なんて事が出来る天才予定調整者もいますがね。マジ痺れる憧れる。

 

で、そんなルーティンがない職種なので、前にも書きましたが規定が緩い会社だと本当に自由に動いていい。自分から積極的にお客さんの獲得をする人もいれば、来る者をまつタイプ、手堅い人、大物狙いの人それぞれになる。自分はと言えば手堅く無難に石橋を叩きすぎて朽ちてしまうような感じ。だめじゃん。

 

では最後に今まで出会ってきた本当に感動するレベルの両極端な他社営業さん2名を例に出してみます。(かなりぼかしてます)

メーカー 営業Dさん

営業10年超えのベテランで、営業するのが好きで仕方がない。暇さえあれば営業電話をかけまくり、自ら展示会にも行ってそこで名刺交換した人にまた営業をかける。

当然売り上げは良い。元々体育会出身で動くのが好きなんだそうです。特に大手相手の大型案件がお好みとの事で、常に○千万レベルの案件があるそうです。         

 

ソフトウェア 営業Eさん

入社6年目。美人。なんか目の前にいると緊張するぐらい美人。長身スレンダー系。

彼女の何が凄いって、自分じゃほとんど営業活動で外出をしないとこ。代理店に営業をかけて、代理店に売ってもらう。普通代理店の人と一緒に外出することになるはずなのに、代理店が彼女を気遣ってほぼ最終の販売確定状態の場にしか呼ばない。何度か一緒に仕事をしたことがあるんですが、本人は至って真面目で呼べば全然遠方でも行くつもりだけど、「遠いから!田舎まで大変だよ!」って言ってせいぜいテレビ会議での参加が多いそうだ。心の中で女王と呼んでます。

 

どちらもとても優秀な営業さんで、売り上げはノルマを軽く超えているそうだ。ぜひ真似してみたいけど、性格とか気配りの仕方とかがあり真似したくても出来ないやり方です。

広告を非表示にする