読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

24時間、戦えますか

日記 テレビ

きいろーとーくーろは勇気のしるし。24時間戦えますか。リゲインリゲイン僕らのリゲイン

外回りが忙しい日には何となく頭の中でこれが流れます。今日の3件目のお客さんは、坂の上にある会社さんで、坂のぼりながら口ずさみました。有給休暇にも年収アップにも希望はのせられませんが、北京モスクワパリニューヨークには行きたいです。

歌詞は書いたら著作権上問題になりそうなので省きますが、働く事に夢がある時代ですね。


勇気のしるし~リゲインのテーマ~/牛若丸三郎太

 

この頃のCMとか雑誌を見ると景気が良かったというのもあるのでしょうが、その場にいる人皆がエネルギッシュで頑張ってるんだろうなーと感じます。この頃に20代を経験していた世代と一緒に仕事をすると、全体的に派手で勢いがあるのに驚かされます。40後半〜下手したら50歳はすぎてるはずなのに、向こうの方が全然積極的で攻めの姿勢をしてくる。むしろ自分たちや今の若い子の方が保守的です。

24時間どころか、最近12時間働いただけで死にそうになるへたれですが、もう少し頑張ってみようと思います。

 

前置きが長くなりましたが、6月最初の日記です。もう6月なのかー、と焦る気持ちとまだ半分もあるのかと疲れるような半々な気分。

学生のときは一年が過ぎるのが嫌だったのですが、最近は過ぎても特に変わらないので1年が経つ事にそれほど意識が向かなくなっています。歳を取ると1年が早く感じるのはそう言った訳もありそうですね。

 

...で、前回前々回と叱られていた話を書いたので、今日は気分を変えてニュースで気になった話を書こうと思います。

 

杉並区で保育園設立に関して賛成反対の意見が出ている事が話題になってますね。保育園問題はこのところ話題になっていますが、行政側も何かしらの対応を始めているということなのでしょうか。

私には子供がいないので、もし杉並区に住んでいたとしても『どちらでも良い』という意見になってしまうのですが、どちらの言い分も分かる気がします。

子供が自由に遊べる環境を整えたいと思う気持ちと、これから子育てをして行くため+自分のやりがいのある仕事を続けるための環境を求める気持ち。双方とも今の世間の状況を考えると至極当然な意見です。まぁ、子供をこれから生む予定もない私としては、前者の方が考え易いのですが。

ところで、公園というキーワードで思ったのですが、都心の子供って何処で遊ぶの?私は育ったところが中々田舎なので、それこそ草生い茂る公園とも呼べない遊び場があってそこで秘密基地作ったり、近所の竹やぶでタケノコ探ししたり、なんか木々が生えてるところでグミの実食べたりしていたのですが、都心ってそう言った場所ないですよね。だから公園って必要だと思うのですが、もし公園なくなったらみんなカフェとか行くの?

行政側も土地がないのかとは思いますが、なぜわざわざ公園を潰すのかが分からない。他に空いてる場所ないのか?と考えたところでふと、もう少し前に保育園だか幼稚園の設立反対運動が話題になったのを思い出しました。

確か、うるさいという理由だった気がします。

そこでようやく、そう言った苦情を受けないために公園の横への設置を検討しているのかという考えに至りました。この反対運動については、あまり反論できる立場にありません。むしろ凄く同意してしまった。

と言いますのも、学生の頃、実家の前に幼稚園のバスが止まるようになり凄くうるさくて困った経験があるからです。ちなみにうちの隣近所には既におじいさんおばあさんの家ばかりで子供は少し離れた奥の住宅地やマンションにいます。なのでそのバスを利用しているのは、少し離れた場所にあるお宅の子供さん方です。勿論『少し離れている』ので町内会の区域も違い、面識もありません。

自分の弁護をさせてもらえば、ここでうるさいと言いたいのは子供達に対してでく、大人に対してです。子供が叫んだりするのはかろうじて許容できます。それに子供がキャッキャしてるなーと思いつつバスが居なくなればそのまま幼稚園へGO!なので我慢できる程度でした。

うるさいといいたかったのは、お見送りお出迎えのママさんたちの立ち話。あれがめっちゃうるさかった。内容も、噂話が多く聞こえてきてあまり気分の良いものでなく、目に付く家や、隣の家のじいさんについて、私が常に家に居るのはニートなのか、といった話をするのです。ニート説については「歳はいってるけど学生なんだよ!」と窓から叫びたくなったことをよく覚えています。

まぁ、そのムカつく噂は毎朝お花にお水をあげていたお向かいのおばあさんによって、無事解けました。持つべき物は地域ネットワーク。侮れません、老人会。

そんな事があったので、騒音に関しては子供自体もありますが、それ以外の要因もあると思っていますし、我慢できる場合と出来ない場合があるという意見です。

気がつけばまた論点がブレまくりですが、もう収集がつかないのでこの辺で終わります。

 

この話のオチとしては、現在もうちはその幼稚園バスの目印になっている上、当時園児だった子と同世代と思える中学生がうちの前で待ち合わせをしていたり、集団登校の集合場所になっていたりとパワーアップしてました。両親は気にしていないようです。

 


営業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村