読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

ツンデレらんでぶー

担当業界の風潮か荒っぽい口調のお客さん相手にする事が多い。皆さん別会社の人間に怒鳴る程、小さい人ではないので怒られたりはしないが、プレゼン中に寝てる人とか食い違った意見を言う社内の人間には容赦ない。

「馬鹿かおめーは!」とか

「ったくよぉ〜」とか言ってるおっさん達。

そして皆さん結構せっかちという属性を軒並み持ってらっしゃいます。トロい私なんぞ、よく「遅い!急げ!」と苛つかせてしまうので、頑張って急ぎます。でもこんなおっさんたちですが、大体親切で、全速力で走って訪問して納品とかやってると、本来自分は出てこなくていい日なのに、こっそり覗きにきてお茶とかくれます。

「汗塗れじゃねーか!」

とかいつもの様に苛つきながら。そして手には自ら入れてくれた冷たいお茶とか、自販機で買ったオレンジジュースくれます。これがツン...デレ。This is "tsundere", isn't it?この胸の高鳴りをどうしてくれるんだ。

ーー大半のおっさんは結婚指輪付けてるので、「あー、奥さん大事にしてんだろうなー」と貰ったジュース飲みながら、高鳴る鼓動を抑えつけしみじみするのです。

最近特ににやけた出来事。

前置きとして、私の支給パソコンはD-Subしか受け付けない古い型です。曲がりなりにもIT企業なのにそんなパソコンを支給する会社からは悪意を感じずにはいられません。総務の子にLet't note支給するなら営業にも下さい。。。薄さはいらん。壊れるから。

そんな状態である企業さんへ行ったら、プレゼンをする際にパソコンとつなぐプロジェクターがHDMIしか受け付けないことが判明。迫り来る時間、集まりだす出席者、30人もの人からは到底見えない我がパソコンの画面(12インチ)。

私がテンパっている中、新入社員とおぼしき若い子を数名集め出すおっさんを見て、今日のプレゼンは失敗だなーなどと他人事のように考えていたら、おっさんは言った。

「しょうがねぇから、それでも使える奴探してっから!悪いけど資料とか並べといて」

...そんなの会議に支障がでないように当たり前だと思うでしょうが、製品紹介なんて他にも候補がある物なので、『じゃあ今回はプロジェクターなしで、紙で説明して下さい』ってなります。それで使えない営業と判断されて別の会社のを買うってことになる事が決定で、こんな風に探してくれるなんて期待してませんでした。

最終的に、無事D-Subのコードが発見されて、製品紹介は上々で終われました。

終わった後におっさんは「会社に新しいパソコン用意してもらえー。うちでそこそこの額、売るんだから買って貰えるだろー」と言って帰って行きました。そして速攻で発注かけてくれました。

もう、「トゥンク☆」ってなりますよ。少女漫画状態ですよ。なにおっさん男前過ぎる。たとえ会社の金での発注でもその即決さは男気溢れすぎて喪なゴミはオーバーキルです。

 

ちなみにパソコンについては、『それとこれとは話が別』と総務部に却下されました。

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村