読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

己の戦

「滅亡」

 

以下大河ネタバレ

 北条家の最後でした。高嶋さんの氏政が、とてもかっこ良い最後を迎えました。

白粉で病的なまでに塗られた顔で目を見開いて語る姿は、狂気を孕んでいて、鬼気迫る雰囲気があった。愚かなる名家の当主ではなく、名家をいかに守ろうとするプライドと意地を持つ人、それ故に判断を誤った事への後悔がみえるような流れを感じた。

そして信繁へ語った台詞。伏線めいた彼の願望は、これから時代の行く末を示唆する内容であり、敗者となる石田への見方を変える言葉だった。

歴史物なので今後をバラす、といった概念はないので書いてしまえば、まさに氏政が言った「日の本を分ける大戦」で大将となった石田は、その後の江戸時代では酷くみっともない逸話や情けないエピソード、それに悪者として書かれる事が多い。それに豊臣側が彼に味方せず、多くの古参の大名が東軍側へ付いてしまって、結果負け戦をしでかす事となり、豊臣を守りたかったかわいそうな人といった印象を私は持っていた。しかし、今回の台詞を聞くと、最後に大戦を起こして最終的に敗者となっても、何もしないで手足をそぐように負けた氏政よりは武士としては喜ばしい最後なのかもしれない、そんな感想を持った。これは今回の主人公信繁が西軍側になるからこそ、敗者の美学といった印象を視聴者に与える効果を狙っての言葉なのかもしれない。

 

その後のシーン。昌幸の「己の戦が〜」といった台詞はまるで中間管理職の嘆きだ。自分のために仕事をしたい、自分の仕事をしたいと叫ぶ現代人と何が違うのだろう。今も昔も人の中で生きていると自分のために動けなくなるのは同じなのかもしれない。

人のために生きて行く事は尊いことであり、人として大事な事だと教わってきた。仕事上でやりたい事が思うように出来ない事でも納得できない私は、きっと生き死にをかけた戦ならなおさら人のためにする事は難しいと思う。そんな立場の人間なら、氏政の事を羨ましいと思うのも突飛な考えではない気がした。

 

そして、とうとう信繁が伊達と繋がりました。今回の主人公(とその子孫)の流れを考えると、非常に重要な位置に居るこの人物。この人物と繋がった事、それに予告での豊臣家の様子を見る限り、やっと話が後半に向けて行きますよ。いやー、楽しみ!!

そして長谷川さん✨素敵でした。荒っぽいとか反抗的ではなく、ひょうきんだけれど垣間見せる野心家な感じ。いいわー。書状の件とか、後世に残ってる手紙とかを見ると、結構社交的な人間像になるので、この伊達は素敵。

今回の大河は本当に出演陣が豪華だなー。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村


喪女日記 ブログランキングへ

広告を非表示にする