読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

不都合な真実に気がついてしまった

日記

生活が苦しいので出来る限り節約に励んでいるのですが、一向に楽になりません。月末は毎月ペットボトル1本買うのも躊躇するし、遠方への営業に行く時にお弁当を持って行けないと外でパンを食べていたりするくらいです。

何故だろう?

そう思って少し考えてみたり、色々な節約本や貯金特集の雑誌を見たりして、結論としては家賃が給料に見合わないという事があります。固定出費が大きいのだそうです。それ以外、水道電気インフラは一人暮らしの平均よりも低かったりしているので、本当にガンは家賃なのだとわかりました。

なら引っ越しをすれば良いのか?とも思いますが、更新をしてしまったばかりな事、引っ越し資金の事を考えると今直ぐ動くのは+-ゼロになります。

そして一番は会社に通える距離への移動だとあまり金額が下がらないという事実も、ここのところ賃貸サイトを見まくって分かりました。金額との兼ね合いで1時間くらい通勤時間をかければ良いのでしょうが、色々あって電車に長時間乗れないのでそれでは一人暮らしする意味がない。

最終的に判明してしまったのは、仕事を辞めて実家に戻り、地元で派遣をした方が(雇ってもらえればの話)使えるお金が全然増えると言う事,,,。地元の家賃相場分を家に入れたとしても、そっちの方が生活が楽になる。

いっそアルバイトを今の勤務時間と同じだけしても、そっちの方が生活できるんですよね....(;∀;)<ワシはそんな事知りとうなかった!

 

通りで昨今実家暮らしが多いはずだよ!

未婚の同級生も実家暮らしが結構いるし、帰っても周囲からはそれほどひかれないと思うんですが、小学校の同級生は軒並み結婚していて子連れの状態の彼らとスーパーで遭遇するので、地元の知り合いに会うと気まずい事にはなります。

そう、なぜか私の地元はそれほど地方でもないのに、人生のスピードが1.5倍くらいの早さで進んでいます。10代で結婚とか、成人式に子連れとか。深夜コンビニにタムロする若い子とか、ドンキにジャージ+サンダルで来るカップルとか、車高の低い車でマフラー改造しているのとか。あとお祭りの日にはパトカーとバイクが追いかけっこします。

都心生まれの友人からは「タイムスリップした気がする」とまで言われる始末。そう言えばこの時期だと今でも送り火迎え火をしているお宅がございます。

長閑でいいのですがね、会社もそこそこあるようなのですが皆辞めない+地元の繋がりで就職が決まるので、一度外に出た者が入り込めるのか少し不安な点も否めない。

 

話を戻しまして、毎日電卓をはじきながら、残金を数えてせこせこ生きるのなら、行かず後家と言われようが実家で人並みの生活をした方が良いのではないか、そんな考えに至っています。

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村