読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

洗濯が一番苦痛

一人暮らしをして結構経ちますが、家事をするのがこんなに面倒だとは思いませんでした。掃除は頻度は少ないですが好きなので全く問題はない。ワンルームだし物もそんなにない。マンションだからゴミもいつでも捨てられる。食事は自分しか食べないので適当で良いとして、何より億劫なのが洗濯です。

友達にこれをいうと、『洗濯機だから一番楽じゃない』と言われるのですが、何をおっしゃる。まず洗濯機に放り込むために色柄ものや手洗いもの、それに下着とその他を分けてネットに入れる作業があり、洗濯が終わればハンガーやピンチに止めて干す。そして乾いたかどうか確認して、取り込んで、畳んで、クローゼットにしまう。

もー作業が多いのなんのって。お皿洗いは洗って仕舞えば終わりじゃない。炊事も刻んで煮込めば終わりじゃない。掃除も捨てれば終わるのに、この洗濯ってもんは色々やる事が多くて気が滅入るのです。

もういっそ、一回着たら終わりというパリスヒルトン的な生活を送りたい。それかクローゼットにしまって二度と着ない本阿弥さやか的生活でも良い。

そんなに服を持っていないはずなのに、綺麗にたたんでいないから溢れ返ってるクローゼットを見るのも嫌なのも、洗濯嫌いの要因になってる。畳んでも畳んでも、朝、服を探す時にめちゃくちゃになるせいか何時した適当に畳むようになってしまいました。クローゼット綺麗にできる人って尊敬する。

 

なんで汚くなるのか考えてみましょう。

  1. どこになにがあるかわからないから
  2. 似たような服が多いから部分的に見えても分からない
  3. 古い服を捨てないで新しい服を買うからクローゼットに対しての量が多い
  4. 畳み方が崩れ易い
  5. ハンガーが少ないまたは収納スペースが狭い

うん。即座(3分)にこんだけ原因が出たという事は、まだまだ理由はありそうです。ですが思いついた事から解消して行かないと、増える一方だと経験上知っているので対策を考えなくてはいけません。

まずこの5つを見てみると、ほとんど一連の流れになる気がしますね。

5という状況の中、3をしてしまうので2となり、結果的に1になる。

つまり、この中で根本的な原因である5と3を改めれば、いくらかマシになるのではないでしょうか。

ではまず 5. ハンガーと収納スペースについて

収納スペースは、家の間取りとして変更付加なのでハンガーを買うか使い方を改める必要がある。確認してみると、何もかかってないハンガーが何本かある。ピンチが壊れている物も、3本見つかった....捨てましょう。

 

次に 3. 古い服と新しい服が混在している

これは、別におしゃれではないので衣装持ちという意味ではありません。高校生の時の服とかを未だに持っているのです。捨てようと思っても破れてもいないし結構高かったしーと思い貧乏性が発動して捨てられない。あとは自分の趣味ではなく、人から貰ったりしたほぼ着てない服とかもあります。

古くてボロボロになっても部屋着活用しよー、等と思って保存しています。いや、もう黄ばんだり毛玉だらけのセーターとか捨てろよ。着ねーよと我ながら呆れます。

そしてそんな古い服の中に新しい服が混在します。好きな形や色があまり変わっていないので(成長していないってこと?)大体色や質感が同じなので、類似した服を買うのを止めると決めた。...友人にもいつも同じような格好と言われるんですよね。どうしたものか...

 

等と書いているうちに結構な時間が経ってしまいました。夏休みにもなりますし、まずはこの2点を捨てるなり何なりして解消しようと思います。

上手く行ったら続きも進めたい。

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする