ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

プレゼン

プレゼンが嫌いです。

人前で話をするのなんて学生の時にゼミ内で発表するだけで頭が真っ白になるメンタルを持つ奴に、初対面でしかも仕事の話とかさせるなんて自殺行為ではないでしょうか。しかもただのプレゼンならまだしも、コンペディターと一緒にやるなんてな...へへへ、悪い奴みたいな顔つきになって登壇です。

そんな事を言うのも、今日久々にプレゼンだったんですよ。競合とか他の分野の人とか合わせて5人で2時間程度...勘のいい人ならお分かりでしょう。持ち時間が20分しか無かったんです。製品説明で20分。しかも身近な物の紹介なら根本的な説明を省けるから良いとして、全く生活に関係のない製品を1から、そして管理の仕方まで20分で説明せよというんですよ。

とはいうもののそういう状況は別に初めてじゃないので15分くらいまでは時計ちゃんと観ていたんですが、徐々に終わりが近づくに連れて急いで適当になり、普段ですら省く余計な説明もいれちゃったりなんかして...うん。見事にオーバーしました。

次の人が小さく苛立つのが分かりました。すいません。

プレゼンって、かなりセンスの分野でして、いくら習っても下手な奴は下手ですし、新人でも妙に上手い子もいます。ある程度はみんな習ったり慣れたり、あと勉強で上手くはなると思うんですが、印象に残るようなプレゼンが出来る人って、既に立ち方から違うんですよね。羨ましい。

下手な私はせめて話しを飛ばさないように、時間をオーバーしないように気をつけるのですが、長かったり短かったりと上手く行きません。なので親戚とかはとこ達にその事を話し、学校の発表をきちんとやるように諭すのも仕方が無い事です。

とは言いましても、今回のコンペディターは良く会う会社の人なので、お互いに「またお前か!」という感じでした。担当者は知らなかったけど。

最近向こうは社員がめきめき増えているようで、知らない人が多いんですよね。○○さんお元気ですかー?とかいうと、向こうの社内では結構な古株になっているらしくもう現場には出ないらしい。羨ましい。

こっちはいつまでも、最前線で販売ですよ。泥水啜って地べたを這いずって数字を挙げなくてはなりません。

そうなんです、プレゼンで悲しいのは自分がへたくそってこともありますが、周りが皆若いので飛び抜けて年齢が言ってる事なんですよね。講演とかだとお偉いさんが出てきますが、提案プレゼンじゃよほど大手じゃないとふつーの地域担当者がやるんですよね。そんななのに、誰よりも年齢が言ってるのに一番あがってしまうのがムカつく。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする