ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

中小企業で働いて

大企業でプレゼンをする機会を頂く。

そして珍しく、客先のそこそこ偉い人に褒められた。この歳になると褒められる事はめったに無いので素直に嬉しい。

今の会社に入社間もない頃から知っている人なので、あえて褒めてくれたのかも知れないが、それでも色々頑張って準備したかいがあったという物だ。私のような底辺営業がそんな大企業の人から褒められる機会があるなんて、人生なにがあるかわからないものである。

 

そういえば、セミナーなんかで就活生に中小企業のメリットとして「入社間もなくても大企業と取引が出来る」と言った事を挙げる人が多い。これは間違いなく事実だ。人員リソースが足りないので、空いている人間がバンバン借り出される。上にも挙げているように、底辺営業である私が大企業でのプレゼンなんていうのも出来る上司の時間があわなかったからだ。

たとえ実力がなくとも知識が浅くとも、誰も行けないから行ってこい!といった按配で何も分からない状況ででも無茶ぶりとも取れるくらい当然の事としてやらされる。研修制度もグダグダな環境で新人を放り込む姿勢、私はそれを是とは思わないが望む望まざるに関わらず『せざるを得ない状況』なのは事実だ。

ただ、そうやって場当たり的に場数を踏まされる事で嫌でも慣れてくる。

ここはこうすれば前回とは違くなる、あれはこう答えれば反応は良い、そういった事が見えてくるようになる。

恵まれた環境の人は座学や感覚で学べる物を、わざわざ打ちのめされたりして学ばなきゃいけないのは回りくどい気もする。しかし、機会が無い訳ではない。足りない分は数で補うというのも良いのかもしれない。

なので、中小企業しか受からなかったとへこたれている内定者がいるなら、諦めるのはまだ早いと言いたい。

 

私の状況はまだまだ改善点があったり駄目な部分も勿論指摘されたけど、なんとなく出来る事が出来た気持ちになってきて、社会人何年目だよ!と一人突っ込みを入れたくもなる。

まだ、普通の年齢の人には追いついていないかもしれない。それでも微妙に歩み寄れたと肯定的な気持ちになっている。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする