ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

結局服は買えません

GILTが昨日から 3.1 Phillip Limのセールになっている。

こう言う非日常的な服は見るだけでも楽しい。展示品と同じ部類だから着たいとかそういった気持ちにはならない...ならないけど欲しい。飾りたい。7万円とか10万円のコートなど着ていく所無いけど。サイズもないけど。

こういった服がクローゼットに入っている人はどんな生活をしてるんだ!ガリアーノとかねAlberta Ferrettiとかさ、何処で着たら浮かないのか。パーティ?

社会の格差を垣間みた気がする。

 

そんな高級ブランドなんて勿論買えないし、それを纏える体系ではないので、さっさと楽天を見てみるも・・・、私の歳は何を着たら良いの?

それこそ高校生なら109とかね、大学生ならマルイで買っときゃ間違いない訳ですよ。それかルミネとか。私はハニーズ着てたけど。

でも、アラサーは何着たら良いの?何処行けば良いの?

とりあえず、今日は仕事終わりに丸の内いたので、丸ビル?新丸ビル?どっちか分からんけど洋服がたくさんあったので覗いてみたものの・・・高っけぇよ。

え、なに?スカート1枚3万円とかすんの?コート5万円すんの?

え、実はハイブランドかなんかなんすか?

と言いたくなるのを飲み込んで外へ出ました。あと、洋服屋さんの全身鏡は全力で殺しにかかってきている気がする。単体殺傷力的には美容院>洋服屋だけど、至る所にある全身鏡+おしゃれで綺麗な店員さんで、総合力は一歩リードというとこだ。

喪女にはハードルが高すぎる。喪女はシマムラかユニクロ着てるんでいっぱい一杯。もうユニクロでも良いんじゃないか。

それこそ、昔のユニクロってなかなか部屋着だったけど、最近のユニクロはおしゃれだし・・・。

でもこの間全身、それこそ下着から全てユニクロってたら友人に『なんかくたびれてるけど大丈夫?』と聞かれた。

合わせた洋服のせいか、自分自身のせいかは微妙なとこだ。

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村


喪女日記 ブログランキングへ