ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

婚活で学んでいる

婚活で知り合った人と連絡を続けている。大体他愛の無い話〜仕事とか、住んでる所の話になる。それが非常に面倒くさい

友人とのやり取りも3日に1回で十分なくらいの筆無精なので、朝晩2回LINEを送るだけで、精神が疲弊している。普段でも電話は苦手なのでそもそも本当に緊急の時にしかしない。

趣味の話とか出来れば楽しくなるのか?

でも趣味の話って漫画とかゲームとか、後は映画とかの話になってしまう超文系。普通の人って何の話すんの?というか、喪女故に彼氏との会話とか全く想像がつかないんだけど、世の中の恋人同士は何の話するのか。

今日の献立?日用雑貨の買い物の話??はたまた愛???

あ、やだ。脳細胞が考えるのを拒否してる。

 

仕事柄話を続けるのとか、適当な話を振るのは出来るけど、それが楽しいか楽しくないかと言われると全く楽しくない。むしろ義務感とか仕事といった意識になってしまって全く心安らがない。ちなみに先日の町田探索は、義務感を感じつつも話を盛り上げに盛り上げ次回につなげた。ヒュー、喪女歴30ウン年とは思えないね!

これは今回婚活をしていて早一ヶ月の間に学んだ結果、漸く連絡が続くようになったのだ。何人かと連絡を取り合う事で感じた事を書いてみる。

 

自分のしたい話が相手にとって楽しい話とは限らない

オタクなので自分の得意分野や興味のある分野ではものすごいハイテンションで、早口になる。自分の意見・考察とか、これからやりたい方向性もバッチリだ。ただその範囲は狭いので、話題がそれた途端一般常識的な返しすら出来なくなる。

相手とその範囲が全く被らないと致命的。

馬鹿げているとは思うけど、興味のあるフリすら出来ない

これはコミュ障といったものは無関係で性格的な物。部分特化と言える程出来るものは無いが、興味がわかない物に対してはとんでもない程無感動。

スポーツはTVで観るのはまだ良いが、実際に試合に観に行くとなると場の空気にドン引きする。え、なにこんなにテンション高いの?!と周りの熱におののく。

サッカーも、野球も、バレーボールも駄目。ライブすら興味の無い物だと全くの棒立ち。社交の場としての友人の試合とか演奏会とか舞台に行っても何の感想も無い。

社会性がないというのはこう言った状態の人間を指すのだろうか?

社会性は何処で養うべきだったのか

子供の頃から割と流行とかに乗れない子供で、一人で好きな事をしていた記憶がある。放課後クラスの皆でドッヂボールをするとか、学年中で大縄が流行って、中休みにクラス対抗とかしているのを聞いても参加したいと思わなかった。

中高でも、皆で一緒に帰るとかそう言った事が苦手で、仲の良い子と多くて3人くらいで登校していたし、途中から他校のバイトや趣味仲間に会うため一人で帰る事も多かった。修学旅行や合宿では自分だけ眠い時に寝ていて、朝も一人先に起きてブラブラしてた。

大学でのゼミ、サークル飲み会はほぼ1次会しか出たことがない。よほど自分が楽しかった時に数回参加しただけだ。

振り返ってみると小〜大で経験の中で興味の無い事には全く触れようとしていなかった。これでは社会性はもとより、団体行動自体できない。そういや、旅行もツアーでした事が1回しか無い。

社会性は老いてからでも養えるのか

今、連絡を取っていて、とりあえず向こうが興味を持っていそうな事を質問攻めする戦法をとっている。興味が無くても話を続けている。完全に付け焼き刃だ。

多分、鋭い人から見れば『あ、こいつ興味ないな』というのはバレバレである。仕事で営業していても、相手がそんな状態な事はままある。取って付けたようであってもやらないよりはマシだろう、と内心バカバカしく思いながらこの婚活では意識的に相手の話題に質問をして話を進めている。

意外にも、感触は良い。

この歳からでも社会性が生まれるのか?生まれた結果人間関係の構築は上手く行くのか?そんな事を考えながら、LINEを続けている。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする