読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

逃げ後れ

タイミングを逸している。

今月新人が辞める。

来月も1人辞める。再来月頭には隣の拠点のやはり中途の新人が辞める。

私と同じくらいに入社した人間は、どら焼き以外はなんとか残っているが、その下の代がまるで打ち合わせでもしているかの如く辞めている。

 

悲しいけど、前途ある若者だ。もっと良い環境が待っているはずだ・・・とは思うものの、このタイミングは避けて欲しいとも感じている。私は別に重要人物でもなければ生え抜き組でもないが、こうも同職種の人が出て行っていると、当然牽制されだす。

「辞めないよね?」

「・・・」

「なにか不満でもあるの」

「ご飯食べられないトコ」

と上司に言った所、妙に奢っていただく機会が増えている。そう言う意味ではない

 

気にせず辞めれば良いじゃん〜

と楽観的な気持ちと、人が減って忙しくなって更に残される人に地獄案件を引き渡すまで鬼にはなれずに悩んでいる。

 

沈没船にいつまで残っているべきか。

船長どころか、下っ端船員なので沈むまで共にいる義理はない。

今日も無駄に不具合が出るわ出るわ。手持ちの案件がいくつか炎上していて、鎮火するよりも、燃え盛っているのを目の前に脱力するしか無い程度には仕事に情熱は無い。

というか、営業畑の人間に不具合修正でなんとかしろって言う担当者も凄いと思う。対してなんとか動いているからいいじゃんというアバーウトな本社の対応に耳を疑った。

損害賠償が発生してからでは遅いのだ。

売れ売れ!ドンドン!!売りまくれ!!!

で身の丈に合わない程大きな企業に売ってきても、その後の対応が杜撰なので、いっそ売らない方が平和な程だ。自分が叱られるだけで済むのだから。

訴えられてからでは遅いし、言った言わないの水掛け論になる前に、はっきりさせていただくのだ。

逃げなくちゃ

逃げなくちゃ

捕まる前に逃げなくちゃ

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする