読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

白砂糖抜きの経過報告 〜その2〜

白砂糖を意識的に抜いて早一ヶ月

目に見える変化はあったのか?

単刀直入に言ってしまえば、肌は相変わらず汚い。

外食やインスタント食品を食べてしまっているので完全に抜いていないからかもしれないけど、外見上は何も変わっていないというのが正直な感想だ。

初めのときと同じように、最後にグロ画像を張りますが、このところの不規則な生活とイライラも相まってむしろ肌荒れは悪化しているかもしれない。

ただ、味覚の方は大きく変わってきているようだ。

 

甘い物を食べるとこれまでと比べ物にならないくらい甘さを感じる

これは、前回の経過(砂糖抜きの経過報告 - ド底辺営業日記)にも書いたけど、甘さを強烈に感じる。職場でお土産とかで甘い物を貰った場合、折角頂いたのだしその場で食べないのも妙な空気になるので有り難く頂くことにしているのだが、あまりの甘さに驚く。舌とリンパがジンジンする程とかは前も書いたけど、更に喉がビリビリして物凄く喉が渇くのだ。

あまりに喉が渇くのでチョコレート1箱が食べ切れなくなってしまった。

 

客観的な変化はあるのか?

痩せた?と聞かれるようにはなった。別に体重は減っていないので、浮腫まなくなってきているせいかもしれない。

あとは、たまーに肌が白くなったとかなんとか。ニキビでの赤みとかは相変わらずなので、お世辞かもしれないから、これはあまり信憑性が無いけど。

 

1ヶ月での変化はこんなところです。

 

経過写真(グロ画像)は、この下にのせます。 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

f:id:gomigucha:20161215215949j:plain

 

 

f:id:gomigucha:20161215220103j:plain