読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

人材流失が止まらない

職場

はい、営業部所属です。

この3ヶ月で同僚が一気に半分になりました。机がガラガラで、小学校の学級閉鎖を思い出します。

人員募集をかけても、人が集まらない程度には人手不足です。大手企業では10倍とか20倍なんて受験以上の高倍率を耳にしますが、中小企業は人が受けにきません。よしんば来ても、居着かないので案件が振れない状況。つまり、3年いれば中々古参となっております。

5年ほどいる私など、古の伝説を知っている扱いです。

 

『オババ様、あの伝説の勇者様はどんなだったの』

『ふぉふぉふぉ、それはのぅ・・・』

とかなんとか言って、村の子供達に語り始めるポジションですわ。

 

唐突に考えてみる。何故居着かないのか?

理由は簡単、新人・中途で入ってきた人に誰も教育や会社説明が出来ないから。

これは別に既存社員の性格が悪い訳ではなく、いじめようとしている訳でもないです。

ただ、新卒で入ってきて会社のシステムを教えてもらった人たちが皆1or2年で辞めてしまうのに加え、中途で残っている人たちは本社の状況をほとんど知らないで各拠点に行き、自分のやり方で仕事をしているため、うっかり新人やら若い子が配属されてもそれぞれがそれぞれのやり方を四方八方から言ってしまい、皆混乱してしまうという寸法です。

そもそも、その生き残りメンバーもそんな社内教育を受けていないので何をやってあげるべきなのか分からないという残酷な事実。

中途入社の人ですら、入社して引き継ぎとかもない中で「経験者なのねー、じゃあ売ってきてねー♪」で入社1週間目で丸投げされたらどうしようもない。

なぜなら製品情報をカタログレベルでしか知らないから

 

そりゃ、辞めますわ。当然ですよね。社内で共有するべき事前の勉強が製品名と社長の経歴と拠点のある場所だけなんですから。新人で1ヶ月間、中途1日それを座学で聞いてから、突然現場配属されて、何を聞いてきたのかもろくに確認しないで、「人足らないからここいってこい」と指示されて...あなた売れますか。売れるわけない。

石の上にも3年とは言いますが、3年も居たらこの売り手市場は終わっているかもしれないし、何よりも自分の年が上がってしまうと動きにくくなりますもの。Time is moneyと言う事を身を以て学びました。

 

そして残り物はどうなるのか

会社全体に人が足らない状況になる訳です。

残りの人間にその人が持っていた話が引き継がれて行くことになります。

気分はもうこんなんですよ。

|←樹海|     ┗(^o^ )┓三

 

更に恐ろしい事に、一人辞めますと、我慢していた新人も『我慢しなくていいのか』という事に気がつき、ズルズルっと連鎖が起きる。気がついた時には、なんとなくやってきた人間が残っていて、スケジュールミチミチになっている。

・・・そんな中、更に私は辞めようとしているので、仕事をセーブしまくっているから白い目で見られているのですが...

そこは上に書いてあるように時間の無駄ということもあり、自己中心的に動くしか無いのです。心を鬼にして、動く訳です。動けるかは分からないけど。

 

会社の対応は・・・

さすがにヤバいと思うので、今日会社側からこんな連絡が一斉メールで来ました。

『良い知人を紹介し、その人が就職したら金一

チャレンジ◎年生で見た事あるような・・・?

学◎とかで「お友達を紹介したら図書券プレゼント」っていう記事を、子供の頃読んだような気がする・・・。

というか、たまにそういう会社見ていたけど、こんな状況なんだね!漸く分かったよ!

 

たまに、求人広告でもこんな謳い文句をみますが、状況的にはこんな感じです。

全部が全部とはいいませんが、こういった会社は・・・避けた方が無難です。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村