読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

子供の頃の遊び

はてなのお題『何して遊んだ?』

子どもの頃、住んでいた所は中々長閑な所で木々が生い茂っていた場所が多くありました。竹やぶやらお寺の林、河原もあって遊ぶ場所には困らなかっ他記憶があります。

なので遊ぶのは大概草木が物凄い所で、木になっているグミの実を勝手に食べたり通学路途中にある金柑をもいで食べたり、低い木陰の中に秘密基地を作ったりしました。

秘密基地は数日楽しめたのですが、上級生に取られてしまったり、そのあとは大人が住み始めてしまった苦い思い出もあります。

 

他には水鉄砲を持って林の中で打ち合いっこ。かっこ良く言えばサバイバルゲームですが、当初は水鉄砲と輪ゴム鉄砲を使った大変子どもらしい、平和な物でした。

BB弾という文化が入ってきたのは、一度、中学生くらいのお兄さんがいつの間にか混ざってきていて、非常に高性能なBB弾を使っていて子ども達を開眼させた所為です。ポルトガル人に種子島で鉄砲を見せた時状態。やっべぇーかっけー!と男の子達が言っていました。そっからBB弾ブーム→危険なので禁止と言う流れ。今思うとあのお兄さんはボッチかなんかなんだろうな。

 

記憶にあるブームは、古い街なので地面を掘っていたりするとなんだか良く分からない土器の破片みたいな物が出てきたりもして、低学年の頃は皆で河原へ行き、一心不乱に地面を掘ったりしていました。あれがなんだったのか、本当に何かの土器だったのかはわかりません。

歳をとって知った地元の噂なのですが、新築の家を建てようとすると本当に出土してしまう事もままあったりして・・・いけないとは思いますが、地元の人間は新築を建てたりする時に業者さんが土を掘り返している際見守っていて、それっぽい物がでるとそっと捨てる、なーんて事もあるとかないとか (笑)

友人は実家の100mくらい先に遺跡っぽい物が出たらしく、建替えを躊躇しています。(出土してしまうと発掘作業をしなくてはいけなくなり色々大変なので)

 

で、高学年くらいになるとゲームボーイとかを手に入れる子が増えたこともあり、自然の中で遊ぶのは子ども!という風潮になり、ゲームボーイを持って公園に行くようになります。

ポケモンの赤と緑はギリ小学生だったと記憶していますが、持って公園に行くと、知ってる人でも知らない人でも「何色」って聞き合って、交換をしたり攻略方法を教えてもらったりしていました。そう思い返せば物凄い社交場ですね。

そしてモンスター交換したらバイバイ。たまに知らないおじいさんとかに「ゲームばっかりするな!」と怒られ、ベンチにゲーム機を置いてケイドロを始めたりしましたが、ベンチに置いていても別に盗難がなかったというのも凄い話です。田舎だからですかね。

懐かしい。

 

すごく元気な思い出ばかり書いていますが、ひとつ言っておくと私は木に登れません。

外で遊んでいても運動出来ない奴も居ると言う事です。

 

 


喪女日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村

広告を非表示にする