読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

恥ずかしい食卓

日記 食事

こんにちは。

用事があり実家に帰ってきております。昔の漫画を読んだり古い服を捨てたりしていますが、やはり自宅は良いです。

既に兄弟達も自立して誰もいないのがより快適。食事も広いキッチンで準備できるとおなじ物を作るのでも楽さが違いますね。

 

私の家は休みの日の朝食は、焼き魚に甘い卵焼き、煮物白米お味噌汁なので朝から暖かい汁物が飲めることに幸せを感じています。

昼は適当に各自パンやら残り物を取ることが多かったのですが、自分も親も歳をとり一度に食べられる量が減ってきたおかげか朝食が余る余る。

特に魚と卵焼きを並行して食べられないのは、自分でもヒきました。

 

そんな残り物でお昼ご飯です。

 

鮭の皮茶漬け

鮭の皮は何故か家族で私しか食べません。

子供の頃からそうです。

家族に気持ち悪がられながらも身よりも皮を食べたくて鮭を食べていた程だったので、兄弟達がいた頃は、身をあげるから皮をくれ、と言って親に、ため息をつかれた覚えがあります。

行儀が悪いと。

その皮を今日のお昼には米の上にのせ、あるなら青山椒なければ大葉を刻んだものをのってけ、粉末の出しをちょっとだけかけて、お湯をかけて食べました。

粉末がなければ醤油でも結構いける。

 

ただ親に見つかると、身を食え!と言われるのでこっそり食べます。

残念なことに最近あまり良い切り身が近所で売ってないので皮がパリパリにならない。歯ごたえが欲しい時にはおせんべいを砕いていれたりします。

ちなみに身は親が昼ごはんとかに食べてました。

 

卵焼きサンド

あと卵焼き。妙なでっかいのが2つ残っていたので、1つはみじん切りにしてマヨネーズであえて冷蔵庫にあったカブの漬物かなんかの茎とあえて、もう1つは半分に切ってケチャップをかけた、それぞれサンドイッチにして間食にしました。

美味しかったです。

こちらも、グチャグチャした見た目が不評ですが、残り物がなくなるということで母からは喜ばれました。

 

成人した、それもとうに過ぎ去ったムスメがご飯をよく食べるということで喜ぶ母はすこしズレている気がしますが、こうして作ってもらった食事をして食べるは嬉しいので余計な事を考えないでいようと思います。

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする