ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

有閑マダムになりたいの

憧れは理解から最も遠い感情だよ

 

と愛染様はおっしゃっておりますが、有閑マダムへの憧れが日増しに強くなっている。

朝起きてー、旦那様送り出してー、お茶して、ペルシャ猫やらコリーとかなんか毛の長い系の動物かわいがったりしてエステとか買い物に行って夕飯はどこかへ食べに出る。またはケータリングでワイン飲んで寝る。

そんな生活に憧れている。

 

おや?

書いていて思ったけど、「起きる→出かける→夕飯→呑む」という流れでないか。今と大筋変わらないな

なりたいと思っているのに、あまりにも違う階層すぎるために有閑マダムが普段何をやっているのか皆目見当もつきやせん。

今考えた生活だと、現状の生活と違うのは職場に時間を裂かない所だ。

仕事が好きなら今も幸せなのかもしれない...けど仕事にやりがいなんか求めていないタイプなので、仕事をしている時点で地獄、この世は畜生道

  

現実逃避をする為に妄想の世界へ入り込んでみた。

...とりあえず、愚痴っていた問題は嫌味を頂く事で乗り切りました。

今回の件は別に自分の会社の製品に問題があったわけでなく、かつ変な問題を起こした訳でもないので本来なら係わり合いにならなくても良いような内容だ。

とはいえ会社同士の付き合いとかあると、「うち関係ないんで」とは口が裂けても言えない。うかつな事言えないからとりあえず謝罪。何を言われても「申し訳ございません」「こちらも困っておりまして」の二語で流す。

これは働きだして学んだ処世術でございますゆえ。

 

あんまりにも理不尽な境遇に遭遇したために他にも相変わらず鼻につくメールを送ってくる担当者に遭遇しましたが、不思議な事に怒りも湧かず「あー、この人は語彙がないんだなぁ(宴曲表現がが出来ない)」と思うようになった。

今思い返せば全方向に手を合わせられる程に穏やかな感覚で一日を過ごしていた。

悟りに一番必要なのは理不尽な労働なのか?それとも有閑環境なのか?

なれるもんなら後者で穏やかになりたい。

 

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村