ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

値切り交渉

法人営業をしていると、企業のある一面の特色が見えてくる。

稟議等を通過してしまえば、あとは速やかに支払いをしてくれる所。

稟議を通すまで色々準備し、なおかつ購買部より値段交渉が来るところ。

購買部も根切り交渉を粘ってくると、無理と言ってすぐに引き下がってくれる場合の差もある。

中小、大手に関係なく、企業文化なんでしょう。

業界的にも値切りが当たり前の場合、結構面倒なのだ。

 

こういった依頼が来ると、弊社の場合には営業が対応する必要がある。

大体の会社が営業のさじ加減なんだろうけどね、全く応じない企業もあるので、そこは差がある。

その『さじ加減』というのが、未だに掴めない。

どのラインを超えたらいけないのか、超えて対応してみせるべきなのか。

判断基準は明確にはなく感覚の物なので、言ってしまえば営業のセンスなのだ。

 

 

私は普段の生活でも、値切りなんてめったにしない環境で生きているので、こういった交渉は苦手だ。

高圧的に「無理でーす!」と言うか、気持ちばかり安くするか。

上司の許可はいるけども、最終決定権は自分にある。この時の判断は少しでも多く数字をとろうとするか、少し損してでも売上を挙げる事に意識を向けるか、ということ。

数字に余裕があれば前者が絶対良いと思う。

今後も続く可能性を考えると、1社に特別対応をするべきではない。お得意客ならまだしも、全社が得意客にはなってくれる訳がないから。

 

ただ、今の私の状況では、少しでも売上を作るべきなのだ。

そういった背景から、手間が少ないものなら引いて数を稼ぐのも一つの手なので、大概値引き交渉には応じる事にはしている。

 

とはいっても、毎回だとこちらも赤字になってしまうので、その加減が難しいのだ。

引けない所はしっかりと言う、そんな強い姿勢が欲しい。

 

 


喪女日記ランキング


営業ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村