ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

新幹線に乗りましょう

新幹線の切符の買い方が未だに自信がない。なのに出張をするとき、大体が新幹線になる。飛行機でも行ける距離だけど、新幹線の方が安い距離なので仕方がないと言えば仕方がない。ああ、悲しき中小企業。経費削減なんて悪魔の言葉だ。

 

昔は新幹線の匂いがダメで、乗ると速攻酔ったけども、最近の新幹線は綺麗なおかげで全く酔わなくなった。残る悩みは、席とり合戦くらい。

経費の少ない我が社では社員全員自由席しか使えないので、なるべく始発駅から乗るようにしている。平時は場所をえり好みしなければ座れる。

 

けど、現在、夏休み。羨ましさに唇を噛み締めたくなるけど夏休みまっただ中。

新幹線どころか、メトロも会社の近辺も人が多い!

座れなかった暁には、二時間立ちっぱなしという地獄。仕事に行く前に既に疲れる。

 

なので、とうとう、身銭を切って、そう自腹で指定席券を買った。

やってやったさ。

 

変更って、往復とか乗車券全部含めて1回しか出来ないのかと思ったけど、各乗車券ごとに対応してくれるんだね。知らなかった。

アリガトウJR東日本。これからは君に付いて行くよ。PASMOに浮気はもうしない。

 

備忘録もかねて今日知った事をまとめておこう

 

新幹線・特急列車の変更および払い戻しについて 〜JR東日本の場合〜

変更の場合

往復で乗車券と特急券を買った場合、手に入る乗車券は以下の物になる。

  1. 往路分乗車券
  2. 往路分特急券
  3. 復路分乗車券
  4. 復路分特急券

上で書いた『全部含めて』というのは、この1~4全部の中で1回しか交換出来ないと思ってたということ。

つまり、1と2を変更しちゃった場合には、帰りに3・4を変更する必要が出ても、対応してくれないと思い込んでいた。勝手な思い込みだけど、長らくそう思い込んでいたので、変更をする時は全部をいっぺんにしていた。帰りの時間が読めなくとも、勘でおおよその時間をはっておく感じ。ギャンブル。

 

しかし、窓口の人によれば各乗車券ごとに変更は1回なら可能とのことだ。

つまり、乗車券は変えないでおいて、事前に2.往路分特急券だけ変更して、乗車前に1.往路分乗車券を変更して、帰りに3と4を変更して平穏に帰宅する事も可能なのだ!!

便利...便利すぎる。

知らなかった自分が馬鹿。

 

変更の際には、特に領収書は必要ない。

もしカードで購入している場合には、購入したカードを持っていく事を忘れずに。

 

払い戻しの場合

条件を先ほどの物と同じにして考える。

  1. 往路分乗車券
  2. 往路分特急券
  3. 復路分乗車券
  4. 復路分特急券

変更は1回は無償で対応してもらえるけれど、払い戻しには初回から手数料が必要だ。

ここでも思い込みが発動していて、全部で210円と考えていたんだけど、例に漏れずこれも間違っていた。

実際は

  1. 往路分乗車券:120円
  2. 往路分自由席特急券:220円
  3. 復路分乗車券:120円
  4. 復路分自由席特急券:220円

とそれぞれに手数料がかかるらしい。(ちなみに1と3の金額は距離によって、2と4指定席やグリーン席と変更日によって変わるので注意)

 

細かい事を考えられない脳みそに取っては中々複雑だ。

変更はなんとなくりかいできたけど、払い戻しは手数料が難しいからまた次回変更した時にも聞いてみよう。

 

今月は新幹線移動が多いから、極力体力と精神力を減らさないように、自衛をかねて指定席を使おう。

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村