ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

ゲーム「アリス」シリーズの続編が・・・

やっと動き出したらしい!

嬉しい!待ってたよ!!ナイトメアから10年でマッドネスが出たから、10年は少なくてもかかるんだろうなーとか諦めながら待っていた日々。

スパイシーホースが閉鎖するという悲しいニュースで「続編」もとい、風の噂では「三部作の完結編」は絶望的だなんて馬鹿な事も考えた。

でも、McGeeさんがツイートで署名を集めてるって聞いて、うわー!

楽しみ!!

時間がかかってもいいので、是非出していただきたい✨

 

 

<ネタバレが微妙にあるのできります>

 

ハードはなんになるんでしょうね。

ナイトメアはPCでしかもWindows95だったので、既に手持ちのハードではできない状態。

マッドネスはX-BOXPS3で、手持ちがPS3だったからそっちを買った。本当は、ナイトメアの移植版があるからX-BOXが欲しかったんだよなぁ。

最後の決めてはPC版持っているから、と言い聞かせて決断をしたんだけど、ナイトメアの方はPCゲーム自体に慣れていないのでめちゃくちゃ難しかったから、ゲームのコントローラーでやってみたかった。

 

でもPC版も良い所があったんだ。特典でついてた「アリスのカルテ」がちゃんと一冊の察しになっていて、筆記体とかでアリスが入院〜その経過を表現してくれてるところに細かい設定があるって分かって好きだった。

それこそゲーム内の動きステータス状況とか、勇気のシステムや武器が向こうのおもちゃって所が私の厨2心に火を点けて、下手なりに頑張ったもんだ。

・・・まぁ、始めた当初はステージ1ですぐアリスが溺れて終わってたけど。。。

 

マッドネスはそれに比べればやり易くなっていて、現実の方の世界もうっそうとしたロンドンの町並みが楽しかったなぁ。有料で買えた衣装も可愛くて、色々着せ替えたりしまして、論文そっちのけでめっちゃやってた。

映像が綺麗になっている分、全体的な表現はかなりマイルドだけど、『ミステリアスアジア』は生理的に受け付けない気持ち悪さで、必要最低限しか出来なかった覚えがある。。。

ただ、ラストは妙に後味が悪い。

アリスが悪夢のきっかけを倒し、やっと現実に戻れるのかと思いきや、とうとう僅かに残っていた現実まで彼女の狂気に蝕まれてしまった、という感じの終わりだった。

現実と空想の世界の融合はストーリーを進めて行くにつれて目立っていったけど、ラストのあの極彩色が、日常パートの灰色の世界観を分断しているように見えて、アリスは完璧に現実から手を離したのかなぁ?とか悪い方に考えがいってしまう。

制作者によれば、肯定的な終わりらしいけどね...。

 

妙な語りモードになってしまった。

本当、今回は何になるんでしょうね。ハードも、そしてタイトルも!

悪夢、狂気ときて、何だろう忘却??ここへきてようやく悲しみとか?

あー、発売する頃には40は軽く超えてるだろうけど、買ってしまうんだろうなー!!

 

 


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村