ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

月末最終日が日曜日っていじめに近い

しかもそれが四半期とか期末とか。笑えもしない。

語彙が少ないため、ヤバいとしか表現が出来ませんが、マジヤバい。

1日少ないくらいって思われるかもしれませんが、その10時間程度の勤務さが一気に地獄を連れてくるんです。

端的に言えば、ポカをしくじりまして納期が一日あわなーーい☆

見込んでいた数字が100の単位でズレるぜ♪

という震えが止まらない状態になりました。

 

月末会議で吊るし上げですよ・・・全く。

お客さんに泣きをいれ、懇願し、ひれ伏しまくってなんとか半分は補填したけれどもう半分はにっちもさっちも、首も回らない状況になりました。

棒に括り付けられて火にかけられるような気分になって、本日諦めました。お家でビールを飲みます。もう、最後の晩餐をすることと決めました。

 

このような理由から、各方面に謝罪及び言い訳の電話やらメールやらをしまくっていると、ドンドン使用する単語が堅苦しい重厚な言葉遣いになります。

上に「語彙がない」と書きましたが、その貧困な言葉遣いより「時代劇かな?」という文面となっていくのです。

某!〜〜候。○○にけり、奚んぞ××たらんや、とかが出て来ても違和感がないメール。

むしろ矢文で送った方が似合うのではないか?と自問自答程度に妙な字面が羅列していて、だけど何処を直せば良いのか見当もつかないからそのまま送ってしまいました。

 

お辞儀90°が超えて120°くらいでする心づもりを不自然じゃなく醸し出したいのですが、ビジネス文書検定でも学習すれば良いのかどうなのか。社会人10ウン年生わかりませぬ。

 

 


営業ランキング


喪女日記ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村