ド底辺営業日記

コミュ障アラサー、おまけに喪女が営業職

対人関係、負の感情

婚活してるんです。

ええ、だらだらと先の見えない感じにしているんです。

 

やっと気がついた事です。

「現実にときめきとかないんだな」

この境地にくるのに20年くらいかかったのは、私がオタクだからなのかロマンチストだからなのか、はたまた少女漫画の所為なのか分かりません。

 

好きで好きでどうしようもない!

そんな感情は普通に、平々凡々生きているのでは遭遇しないものだと、ようやくあきらめがついたので、少し先に進んでいます。

 

デートだ〜♥️何着ていこう!(ドキドキ

とか

手をつないだりキスするだけで幸せ♥️(赤面

なんてものは、感情がちゃんと生育できた精神を成長させた人、ある種上等な感情理解が可能な人種だけの幸せなドラッグなんだと学習した私は何の感情もないまま、負の感想が沸き起こらないのを喜べば良いのです。

 

普段、悪い方向に波立たせない人となら一緒にいられるんじゃないか?

と思い立ち、本日お出かけしてきます。

既に面倒で仕方がない。準備するのも億劫で化粧する気にもならん。

相手にわるいなぁ〜って思うけども、私だって交通費使って出て来ているし奢らせる訳ではないのでイーブンイーブンだろう?

ばばぁなのは承知しているんだからこの際棚に上げさせてもらう。

 

お出かけをうきうき出来る性格になりたいなぁ。

そんな事を思いながら逝ってきます。


——————

追記


相手もおんなじなので盛り上がらないことこの上ありません。

現場からは以上です。